2007/10/29

ちょっとキタナイ話ですが。  雑感

昨日は週末から埼玉に旅行に来ていた(季節外れの台風にエライ目に会わされたらしい)僕の両親がウチに来た。
旅行が「大宮解散」だったので、僕が息子を連れて大宮まで迎えに行ったのだが(車で40分くらい)、どうも息子の調子がおかしい。朝から大便がでなくて苦労していたのだが、その影響か、車を降りても言葉少なげで、ズッと僕に「ダッコ」を要求し続ける。
両親を迎えてもそのマンマの状態で、ほとんど車中でも喋らないままだった(息子が「喋らない」という状況が、最近は寝るとき以外、まずないんだが)。

家についたら妻にベッタリで、グズグズしている息子。
「ウンチが出なくて調子が悪いんだろうナァ」
と思いつつ、近くのレストランで夕食。
食事そのものは結構食べたから安心していた。

食事後、翌日の朝、早い便で出張しなきゃいかん父は東京駅近くのホテルに泊まるので、一足先に近くの駅まで送る。
その後、残りのみんなで店を出たら、その玄関先で突然、息子が吐いてしまった!

「苦しげ」というより、あるものをバッと口から出しちゃうって感じだったんだけど、突然のことにウロタエルやら、店に悪くてバツが悪いやら。
少し夜風に当たった方がいいかも、ということで、僕が店のヒトと後始末をすることにして、妻と母には息子たちを連れて、歩いて家に戻ってもらうことにした。

で、僕が戻ってみると、何とまあ息子の「元気」が戻ってるではないか。
いつも通り、ウルサいくらいペチャクチャ喋りながら、母と遊び回っている。
さっきまでの「無口ぶり」はどこへ行ったのやら。別人格のようである。

妻によると、以前、父が倒れたとき、広島から車で見舞いで松山に行ったとき、やはり同じように吐いてしまったことがあるらしい。
その時は周りの緊張に、息子自身も影響されて気分が悪くなったようなのだが、今回は初めて僕と二人だけで(息子にすれば)長いドライブをしたことで、やはり緊張して気分が悪くなっちゃったんじゃないか、と。

う〜ん、まだ僕と二人っきりで出るのは緊張するのか?
何だか寂しい気分もするけど(笑)、まずは調子が戻ってくれて良かった。
多少、騒がしくても、やっぱり元気でいてくれるのが一番だよ。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ