2007/10/13

走ることについて語るときに僕の語ること  

著者:村上春樹
出版:文藝春秋
クリックすると元のサイズで表示します

村上春樹の最新エッセイ。
本人は「個人史(メモワール)」と言っているが、「走る(マラソン)」ということを核にしながら、自分自身の内面を見つめ、綴った作品になる。結構深いところのある一冊だ。
10代の終わりに村上春樹を読み始め、(一時期の熱意は過ぎ去ったものの)未だに読み続ける僕にとっては非常に興味深い一冊だった。
逆に言えば、「村上春樹」に興味のない人にとっては意味のない作品ということだけどね。

読み終えて思ったのは、
「確かに『村上春樹』は典型的な『長距離ランナー』であり、そのことが作家としてのあり方や、人間としての自分自身の塑像にも繋がってるんだな。
そういう意味では僕自身は『短距離ランナー』。とてもじゃないが村上春樹のようにはやれんワ」
いや、別に村上春樹のようにやる必要はないんだけどサ(笑)。

でも本書で語られていることが全く理解できないかと言うと、そんなことはない。
そういう意味では、極めて個人的なことを語っている中にも何らかの普遍性のようなものが顔を覗かせていると言えるのかもしれない。
相変わらず文体は心地よいしね。

まあでも、コレを読んでジョギングを始める、なんてことはないな(笑)。

2007/10/13

キラー・イン・ザ・レイン  

・「キラー・イン・ザ・レイン<チャンドラー短編全集1>
著者:レイモンド・チャンドラー 訳:小鷹信光他
出版:ハヤカワ文庫
クリックすると元のサイズで表示します

村上春樹訳「ロング・グッドバイ」の成功のお蔭だろうね。
チャンドラーの短編が全て新訳で紹介されることになった第一弾。デビュー作「ゆすり屋は撃たない」から初期の6作品が収められている。

「ゆすり屋〜」の主人公が終盤にヒロインに投げかける台詞。
「痛みは終わってからやってくるものさ」
には、ハメットにはない、対象への哀切を込めたセンチメンタリズムの一端を感じさせ、マーロウの登場を微かにではあるが予感させる。
もっともその後に続く、
「・・・花でも送ってくれ。あんたの目のような野生の青い花を」
は俗なロマンティシズムって感じで余計だとは思うが。

・・・なんてこと書いたって、チャンドラー・ファン、マーロウ・ファン以外には何の意味もないわな(笑)。
僕はかなり興味深く本書を読んだし、後続も読むつもりなんだけど、要はそういう本である。

村上春樹が「ロング・グッドバイ」と訳したのを受けてか、本書の題名も「キラー・イン・ザ・レイン」と英語の仮名表記。
村上春樹の場合、「長いお別れ」という清水俊二の名訳があったことから、それとの差異を際立たせるためにも、こういう表記にしたのだろうが、「キラー・イン・ザ・レイン」なんて「雨の殺人者」のほうがスッキリするのに、と思う。
ってのも、ま、コレは商売ということで。
何よりもチャンドラーの短編が全集されることを喜びたい。

(村上春樹は他にも「キャッチャー・イン・ザ・ライ」「グレート・ギャツビー」と、英語仮名表記を使っている。これらも「ライ麦畑でつかまえて」「華麗なるギャツビー」という先行訳との区別をつける意図があるんだろうと思う。
村上春樹の翻訳書は割りとちゃんと日本語訳してるほうが多いからね、他の作品の場合は)

2007/10/11

やられたぁ。  雑感

朝方から何となく喉に違和感があった。
「こりゃ風邪かな」
と思っているところ、客先の会議にオブザーブ出席したのだが、この会場が空調利きすぎで寒いこと寒いこと!
その上、僕の席は丁度送風口の下にあったので、タップリ4時間の会議で、スッカリ冷え込んでしまった。

昨晩は早めに寝たんだけど、やっぱり今朝起きたら喉が痛い。
あ〜あ、やられちゃったよぉ・・・。

2007/10/10

人生、勝負は40歳から!  

著者:清水克彦
出版:ソフトバンク新書
クリックすると元のサイズで表示します

来週の研修の事前課題で参考図書として選定された一冊。
必読書のドラッガーが「知識労働」を核に、理論的に個人としての「あるべき論」を展開していたのに比べると、本書は具体的な事例を交えながら、割と俗に「中年の自己変革」を語っている。

「これまで社会人として何とかやってきた自分に、まず自信を持つことだ。そのうえで、心の持ち方を変え、時間の使い方を工夫し、人付き合いを見直し、そして、人とのコミュニケーションや自分の見た目をちょっとずつ磨いていけばいいのだ。」

あとがきのこの文章が本書の構成そのもの。
自分自身の経験も踏まえた話も多く含まれていて、理解しやすい内容になっている。実際、
「そりゃないだろう」
と反発するようなコトはなかったと思う。
なかったんだけど、「やれるかどうかは別」でもあるんだけどね(笑)。

必読書が「建前」で、参考図書が「本音」という読みもありえると思うんだけど、とすると会社が我々に求めているのはこーいうコトなのかね?「副業のススメ」みたいなとこもあって、まずいんじゃないかと思わないでもない部分もあるんだけど。
まあでも前向きなナイスミドル(死語という気もするが)を目指す中年オヤジが増えることは悪いことじゃないか?(笑)

面白く読んだけど、自分じゃ買わなかった本だね、こりゃ。
(作者は南海放送のコメンテーターもやってるらしい。田舎に帰ったときに、どんな「ナイスミドル」やら、チョット見てみたい気はした)

2007/10/10

探偵ガリレオ  

著者:東野圭吾
出版:文春文庫
クリックすると元のサイズで表示します

単行本で読んだ気が微かにしないでもなかったんだけど、ドラマ化で店頭に並んでいるのをパラパラ見ても記憶が蘇らなかったので、
「まあいいか」
と買ってみた。

物理学者が探偵役になる短編集で、収められてるのは5編。いずれも科学的なトリックを使った事件になっている。
「科学的思考で事件を解決する」というのは推理小説の基本パターンだが(ホームズとかね)、最新科学をバックにした結構大掛かりなトリックが取り扱われているのが本書の特徴だろう。
(実現性があるのかは僕の浅薄な知識では何とも言えないんだけど、少なくとも「それらしく」はなっている。エンターテインメントとしてはそれで十分だろう)

まあ面白くは読んだんだけど、探偵役のキャラが今ひとつ立ってないのはチョット不満かな。テレビドラマ化されるらしいけど、事件の方は割りとけれん味があるからいいとして、ここら辺はどうするのか気になるところではある(どーせ見ないんだけど)。

今回初めて知ったんだけど、少し前に評判になった「容疑者Xの献身」もこのシリーズなんだね。評価は二分してるようだけど、確かにこのノリだと読むかどうか・・・。
どうも「東野圭吾」は僕とはちょっと相性が悪いようである。

2007/10/9

雨のアンパンマンこどもミュージアム  雑感

前日までの晴天と一転して、昨日は終日雨模様。
ちょっと「どーしよーかなぁ」と思ったんだけど、「施設の中なら濡れないからいいかぁ」と言うことで、前日から行くことを決めていた「横浜アンパンマンこどもミュージアム」に行ってきた。

7月に行ったときは出足が遅くて十分に楽しめなかった(ミュージアムには入ることさえ出来なかった(笑))ので、今回は早め(9時過ぎ)にスタート。
予定通りミュージアムには10時過ぎに到着したんだけど、ところがこの時点で既に長蛇の列。列の長さは7月のときより長いくらいだ。
クリックすると元のサイズで表示します
しかし今回はまあコレがメインの目的なんで、並ぶことにする。
その間に、前回は入場券すらもらえなかった「ジャムおじさんのパン工場」に僕だけが行き、パンを購入。
これはナカナカの「力作ぞろい」だった。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

1時間弱くらいでミュージアムに入場。
ジオラマやら人形、絵、それに遊具が3階建ての建物の中に配置されていて、確かに幼稚園児くらいには楽しいだろうなぁって感じだった。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
しかし人が多すぎ(笑)。
1時間ほど息子に引っ張りまわされて、こっちはヘトヘトになっちゃった。

ミュージアムを出て、買っていたパンを食べて、アンパンマンの絵本を一冊買って、息子も十分に堪能したようだ。
ま、娘がもうちょっと大きくなったら、また来てもいいかな?
1歳から入場料「1,000円」とられちゃう(ちなみに大人も「1,000円」)から、その直前くらいに(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します

2007/10/8

幼年期の密かな楽しみ  雑感

息子もそうだったんだけど、幼児にとって「玄関の靴」というのは何か魅惑的なモノがあるんだろうか?
気がつくと、玄関で靴を取り上げて遊んでいた娘を見て、そんなことを思った。
クリックすると元のサイズで表示します
今じゃ、息子の方は、
「靴、はかな〜い!!」
って騒ぐことの方が多いんだけどね。

2007/10/7

運動会日和  雑感

高く晴れ上がった空、でも気温はそれほど高くなく、時折涼しい風が・・・
昨日はホント「運動会日和」。
近くの学校や幼稚園で運動会を開いているところが結構あったようで、アチコチで運動着姿のちびっ子たちを見かけた。

ウチの息子は保育園にも幼稚園にもまだ行っていないので、本来なら「運動会」には無縁のはずなんだけど、来年から行かせるつもりの幼稚園の運動会では未就園児が参加できるパートもあるらしいので、見学も兼ねて出掛けてきた。
クリックすると元のサイズで表示します

考えてみたら「運動会」なんかに来るのは、入社して新人の頃に会社の運動会に出て以来だから(その後、時代の趨勢で「会社の運動会」は滅亡したが)、20年ぶりくらいになる計算。
何か懐かしい、それでいて新鮮な気分だったナァ。
運動会の進行を仕切る先生方が「若造」に見えちゃう、でも一生懸命で微笑ましくも思えちゃうあたり、ちょっと不思議な気分もしたしね(年取ったってことなんだよな、単に)。

息子が参加できるパートってぇのは、親と一緒に走って、箱に「お土産」を取りに行くと言うだけの競技(?)。
クリックすると元のサイズで表示します
日ごろ、脱走しまくってるから分かってはいたけど、結構チャンと走れるようになってるのを再確認。
同世代の子と比べて早いかどうかは分かんないけど、まあちゃんと走ってる方ではあったかな、と(親バカ?)。

親子ともども楽しめて、なかなかの「運動会」でありました。
クリックすると元のサイズで表示します

2007/10/6

日本人には教えなかった外国人トップの「すごい仕事術」  

著者:フランソワ・デュポア
出版:講談社BIZ
クリックすると元のサイズで表示します

挑発的な題名だが、中身はまともでしっかりしている。
日本で成功した外国人のトップ5人に(有名なのは、やはりカルロス・ゴーンだろうね)、日本でキャリア・デザインの講師などをしている作者(もともとは音楽家)がインタビューをして、そのキャリアや仕事に対する考え方、日本との関わりなどを語ってもらったものだ。

まあそれぞれ経歴も携わっている仕事も国籍も違うトップたち。勿論考え方が全く同じと言うことはないのだが、共通する部分も少なくない。
「チャンスをちゃんと捕まえる」
「仕事を楽しむ」
それに、
「仕事以外の時間を充実させる」
を入れてもいいかな?

「チャンスを捕まえる」ってことは「変化を恐れない」ということで、確かに「日本」という異国にまで来て、その中で成功したってことは、正にそれ故何だろうな、と。
「仕事を楽しむ」ってことは、「楽しめるように仕事を組み立てる、動かす」ってことであり、だからこそ「ワーカホリック」と言われるほど働くことができる(そして目覚しい成果も挙げれる)ということなんだろうね。(ドラッガーの言う「知識労働」の最良の姿かもしれない)
「仕事以外の時間を充実させることは、仕事に影響してくる」「人生を良く生きることが目的なのであって、仕事が目的なのではない」ってのも、確かにそうだと思う。

それぞれのトップが、想像以上に「日本」に対して高い評価をしているのも共通している。まあ日本市場で働き、成功した人々なんだから、これは当たり前かも知れんが(笑)。

20代で読むべき本だとは思うけど、40のオッサンが読んでも、それなりに得るものはある。
「すごい仕事術」は書かれてないんだけどね(笑)。

2007/10/5

プロフェッショナルの条件  

・「プロフェッショナルの条件 いかに成果をあげ、成長するか」
著者:P.F.ドラッガー 編・訳:上田惇生
出版:ダイヤモンド社
クリックすると元のサイズで表示します

会社の研修の事前課題として指定されていた本。
「今更、ドラッガーかぁ?」
と思わないでもなかったんだけど、考えてみればちゃんと読んだことがなかったので、「いい機会」と考えて、(指定された箇所だけじゃなく)一冊通して読んでみた。

「肉体労働」から、労働の中心に代わっている「知識労働」の意味と、その社会的意味(「ポスト資本主義」ってヤツですな)、個人にとっての意義について語り起こし、その中で生産性を上げ、成果を挙げていくには、個人として如何にすべきか(「貢献に焦点を当てる」)、そのための自己マネジメントはどうすればいいのか、組織の中での位置づけはどうあるべきか(「知識労働」におけるリーダーシップの意義)、求められる資質は、等々
本書は、「個人」として「ポスト資本主義」においては如何にあるべきかという視点でまとめられている(新たに書き起こされたのではなく、今までのドラッガーの作品から抜粋し、編集しなおしたものに、ドラッガー自身が手を入れてまとめた作品)。

「読んでビックリ」みたいなことは語られていないが、自分自身の考えの整理になることや、漠然と考えていたことの明確化、あるいは認識はありながらも実行には移せずにいたことへの気付きなど、思っていた以上にためになる読書であったと言う気がしている。
「さすがドラッガー」ってとこか?
まあ結局は「個人として能力を上げていくしかない」っちゅう、身も蓋もないことなのかもしれんけど(笑)。
(「組織論」にも繋がっているから、単なる「勉強せいや」ではなく、具体的な方向性は示されているけどね)

まあ研修の事前課題としては悪くないんじゃないでしょうか?



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ