2007/6/30

一息ついて  雑感

7月に入ると仕事の方が忙しくなりそうなので、その前にギリギリだけど、昨日は一日休暇を貰った。
と言っても、どこに行くアテがある訳でもなく、ただご近所でブラブラしただけなんだけどね。

午前中は息子を散髪に連れて行き、自分も散髪。
午後からは妻が美容院に行っている間、息子と娘と一緒に留守番。
夕食は近くにあるお気に入りのイタリアレストランで久しぶりに食事。

ってな感じですな。
夕方、アマゾンに注文してた西村しのぶの「VOICE」(新装版で、単行本未収録作品を一作収録。これがナカナカでした)が来てたので、寝る前に一通り読んで就寝、と。

何したわけじゃないけど、それなりに充実感のあった休日でした。(小市民的過ぎる?(笑))

2007/6/30

作家の誕生  

著者:猪瀬直樹
出版:朝日新書
クリックすると元のサイズで表示します

猪瀬直樹が東京副知事に就任したのには驚いた。
確かに道路公団民営化推進委員として、最終的な民営化案を、納得はしていないものの、得ることが出来たものを後退させてはいけないとして、最後まで委員を辞さなかった辺りには「政治」を感じたのだが、それでも「識者」の域は出ないと思っていたからね。
猪瀬氏自身の意識には「行動者」「実行者」への意欲があったと言うことなんだろうな。実は僕自身は道路公団民営化の一連のドタバタの中で猪瀬氏が取った選択を評価している面があるので(「『作家』としては身を引く美学もあるが、『実行者』としては前進のための妥協もありえる」と思ってた)、ちょっと今後に興味はある。
石原都政を修正させる「力」としてもね。

と言うわけで、このタイミングで出された作品で、この題名なんで、
「これは猪瀬直樹の『作家卒業宣言』かなぁ」
などとも思っていたのだが、まあそれほどではないようだね(笑)。ただ猪瀬直樹が書いた3作の作家評伝(「ペルソナ 三島由紀夫伝」「マガジン青春譜 川端康成と大宅壮一」「ピカレスク 太宰治伝」)の総括のようなものになっていること、自分自身の「作家」という職業への想いを重ねていることなんかを考えると、何らかの「区切り」として意識していることはありえるんじゃないかと思う。

作品としては、田山花袋の「蒲団」が与えたインパクトから「私小説」が日本の作家にとって特殊な位置を占めることになった背景辺りに始まり、「投稿」という現象の中に見える「作家予備軍」の存在と、現れてくる「市場」の姿を指摘、その「市場」というものを念頭に、「作家」になること、「作家」として成功することを追いかける「太宰治」「三島由紀夫」の姿を追いかけている。
「芸術的欲求」とか「止むに止まれぬ内的衝動」とかじゃなくて、「作家」という職業が成り立つ「市場」の存在をキッチリと把握し、その「市場」に評価されることを望んで(意識的か、無意識的かはともかく)戦略的に戦術を駆使する太宰・三島の姿を描く。
まあかなりクールな視点だよね(笑)。
結局のところ、「作家」「小説家」というのも、職業として成立するためにはそれを支える「市場」が必要であり、その「市場」に評価されなければ「作家」になることは出来ない。
当たり前のことだけど、何となく身も蓋もないような・・・。
この感覚そのものが「幻想」なのかもしれないがね。
「市場主義者」的な側面が強すぎるのが気にならなくもないけど、「作家」に興味がある人間にとっては刺激的なところのある作品だと思う。

僕はかつて「作家」になりたいと思っていた。いや、今でもそんな気持ちはどっかにチョットはあるんじゃないかとも思う。
ただその一方でそういう自分自身に対して「胡散臭さ」も感じていた。
その理由が自分じゃ分からなかったんだけど、本書を読んで、少しガテンがいった気がするな。
あんまり愉快なモンじゃないけど(笑)。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ