2007/6/8

逆立ち日本論  

著者:養老孟司・内田樹
出版:新潮選書
クリックすると元のサイズで表示します

「バカの壁」養老氏と「下流志向」内田氏の対談。
もっと気楽なヨタ話がされているのかと思ったら、予想以上に「硬い」内容に驚いた。
特に前半の「ユダヤ人」論は、ベースとなっている内田樹氏の「私家版・ユダヤ文化論」を読んでいないだけに、ちょっと理解が及ばないところがある。
「これならもうちょっと『硬い』題名にしてくれりゃいいのに」
と半ば腹立ちながら読み進めたくらいだ。
(但し「私家版・ユダヤ文化論」は結構面白そうな本ではある。機会があれば読んでみたいとは思った)

ただ中盤から話が、「中年おばさんの話」(この表現がポリティカル・コレクトネス上、問題ないかは不明だが(笑))のようにヨコ展開し始めると、話の飛び具合には「?」もあるが、内容や語り口の面白さに引き込まれてしまった。
まあ確かにこの二人がベースと持っている「教養」の厚さには一目置かざるを得ないね。「師匠」の話なんかは、自分に引き寄せて「ひやり」としたし、繰り返し出てくる「全共闘」を巡る遣り取りなども考えるところがあった。
ただアチャコチャと展開する話が、明確なラインで貫かれているわけでもないので、読み終えた印象はかなり漠然としている。その「漠然さ」が、この二人の対談の持ち味なのかもしれないが・・・。

養老氏はこの対談のことを「『高級』漫才」と評しているが、「漫才」として楽しむには「高級」過ぎるというところかな、僕にとっては(笑)。
笑い飛ばすよりは、「なるほどなぁ」と感心しちゃうところの方が多かった。
でもそれじゃ、この本を楽しみきれてないっちゅうことなんだろうネ。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ