2006/10/28

テポドンを抱いた金正日  

著者:鈴木琢磨
出版文春新書
クリックすると元のサイズで表示します

第二次世界大戦後、朝鮮半島が平和状態であったことは殆どないはずだ。
「朝鮮戦争」は所詮「休戦状態」でしかないし、社会主義国家でありながら、「個人崇拝」を強め、挙句に「世襲」を強行した北朝鮮と、軍事政権・軍事クーデター・民主化デモの混乱を経験し、急速な経済成長を遂げながら、政治的には後進性から抜けきれない韓国。
勿論、永く「冷戦」という枠組みがあったにせよ、それぞれの国家の戦後史においても「平穏」という言葉で評価できる時代はあまりないだろう。
ただそうした中でも現在が最も朝鮮半島(及び日本も含めた周辺地域)が緊張度を高めていることは間違いない。その中心にはメガネをかけたジャンパー姿の小太りの男がいる。

本書はその分かりにくい「金正日」の姿の一端を紹介してくれる一冊。「金日成の抗日闘争の真相」「金正日の本当の生地」「金正日の異常なまでの映画好き」等、割と知っていることも多いが、それらにしてもかなり整理されて紹介されるので、自身の知識のせりに役立った。
また「先軍政治の内容」や「個人崇拝の徹底の仕方」「『世襲』に至るまでの涙ぐましい(?)までの戦略」なんかはあまり知らない側面だったので、半ば驚き、半ば呆れつつ読ませてもらった。

「金正日」、決して愚か者ではないであろう。そうでなければあの国家をあそこまで不気味に一丸とは出来ないと思う。
しかしまあ「変なヤツ」というのも確か(笑)。
「個人崇拝」を徹底する中での「神話化」のアレコレは笑わずには読めない。ニヤニヤ笑いながら読み、その後でそんな国家政策を遂行している国が隣国にあることに改めて不気味な思いを覚えずにはいられない。

果たして朝鮮半島情勢がどのような方向に向かうのか。
勿論予想なんかできやしないのだが、金正日の思考として「家族」(「世襲」)に重きが置かれるのであれば、暴発もありえ、予断を許さない。
まあその前に中国かロシアが抑えに入るのが順当なんだろうが、これもナカナカ・・・。

まあ何にせよ「不気味なお隣さん」のことを窺い知るには、手ごろな一冊だと思います。


2006/10/28

シャーロック・ホームズの生還  

著者:アーサー・コナン・ドイル 訳:日暮雅通
出版:光文社文庫
クリックすると元のサイズで表示します

「ライヘンバッハの滝」で死んだはずのシャーロック・ホームズの帰還。まあ「誤診」で片付けられた沖田十三ほどではないにせよ、無理のある復活ではある。
ただ昔読んだときはかなりアキレタ覚えがあるのだが、今回読んでみたらそれほどでもなかった。無理はあるけど、許容できないほどではないかな、と。
どうも沖田十三が僕の懐を広くしてくれたようだ(笑)。

ホームズの復活は「金のため」と言うのが定説だが、その俗な動機のワリには作品としての質は落ちていないのは評価できる(やはりホームズは短編に限る)。有名な「踊る人形」も本作品集に含まれているしね。
(ただコレが「あらゆる形式の暗号記号にかなり精通して」いるホームズにとって驚くべきものであったと言うのはチョット信じられんが。暗号としてはかなり「基本的」なモンだろう)

まあキッカケは何であれ、ホームズの復活は、当時の読者にとっても、後世の我々にとっても喜ぶべきことと言えるのだろう。

2006/10/24

憲法九条を世界遺産に  

著者:太田光、中沢新一
出版:集英社新書
クリックすると元のサイズで表示します

「ニューアカデミズムの旗手」(懐かしいフレーズ。笑)と「硬派コメディアン」の対談で、この題名だからもっと柔らかい内容かと思っていたら、いやぁなかなか骨のある内容。
ほとんど「解説」や「注」がないんだけど、初っ端から「宮澤賢治と田中智学との関係」から、「宮澤賢治と国家主義」について語り合っているあたり、背景を知らないのでチョット取っ掛かり難い。「田中智学」なんて、注釈なしに知ってる人なんて、一般的じゃないだろ?

個人的には憲法九条については「1項は維持、2項は修正」ってぇのを支持しているのだが、一方でこのタイミングで改憲を進めるのには躊躇いもある。戦後を踏まえて改憲が議論されるなら大いにすべきと思うのだが、なんだか戦前の亡霊がそのまま甦って来そうでこわいんだよねぇ。
そこら辺の感覚はこの二人にも通じるものがある。

「憲法九条は、ある意味、人間の限界を超える挑戦でしょう。たぶん、人間の限界は九条の下にあるのかもしれない。それでも挑戦していく意味はあるんじゃないか。」

要は「理想は掲げ続けるべき」ということでしょう。分かるんだけど、ちょっと「綺麗過ぎる」気もするなぁ(笑)。

それにしても太田光、相当な読書家だね。かなり硬い本にも精通していて感心させられる。
ま、コメディアンにしちゃあ、オーセンティックな趣味ではありますがね。

2006/10/22

あなたに不利な証拠として  

著者:ローリー・リン・ドラモンド  訳:駒月雅子
出版:ハヤカワ・ミステリ
クリックすると元のサイズで表示します

本書を読んで、サラ・パレツキーの「V.I.ウォショースキー」シリーズを思い出した。
V.I.はいつも「女性の権利」が虐げられている現状に怒り、その苛立ちを回りにぶつけつつ、しかしそれを原動力として事件を解決していく。
最初はそれが新鮮だった。しかし最近はV.I.の主張が(正しいのは分かっているのだが)何となく煩く思えてきているのも事実だ。(ハードカバーになったというのもあるが、ここ数作はご無沙汰している)

本書に収められた短編の主人公たちはみな「女性」だ。しかも全員が「警官」であり、その点ではV.I.以上に厳しい現実に直面する局面が多い。(作者自身が元警官で、描かれている「現実」のリアリティはかなりある)
しかし彼女たちは「女性に権利」などは声高に叫んだりしない。
彼女たちが直面するのは「警官」という職務を遂行する上での「困難」であり、そこに派生する「苦悩」である。ストーリーの結末は彼女たちが「個人」として受け入れていくものだ。

ではこの主人公たちを「男性」に置き換えても物語は成立するか?
シチュエーションとしてはあり得るだろうが、作品としては全く成立しないだろう。その意味で、本書は決定的に「女性」の物語なのだ。そのことが本書の素晴らしさであり、作者の力量でもある。
「女性の権利」を掲げるだけでは超えられないな「何か」がアメリカの現実にはあるということかもしれない。
(そういう意味では本書はエンターテイメント小説より、普通小説にズッと近い。まあこんなジャンル分けに大した意味はないけどね)

北方謙三が昔ハードボイルド小説を「男が生きていくうえで必要な『拳』」と言っていた。(彼の書くハードボイルド小説は今ひとつなんだが…)
肉体的に華奢で柔らかな「女性」が必要とする「拳」は、小さいけれども硬く、傷だらけなのかもしれない。

2006/10/20

真相  

著者:横山秀夫
出版:双葉文庫
クリックすると元のサイズで表示します

「半落ち」「クライマーズハイ」という佳作があるが、やはり「この作者は短編だな」と再確認させられる一作。得意の「警察小説」ではないジャンルの短編集だが、ジャンル外でも実力十分なことは「クライマーズハイ」で証明済みだからね。
時々、本を読んでいて没頭してしまい、駅を降り損ねると言う失敗をやらかすんだが、昨日本作を読んで、久々にやらかしてしまった(笑)。

収録作はどの作品も水準は高いと思うが、やはり一番は表題作「真相」かな?読んでいて、「息子」としての自分と、「父親」としての自分が錯綜し、ラスト近くでは遣る瀬無い気分になった。まあ「子供」ってこんなもんだよねぇ・・・。
表題作以外でも意外な真相や展開に翻弄される人々の姿が活写されており、その中で「耐えていこう」とする主人公の姿には引き込まれるものがありる。そういう意味での「人間に対する期待感」はこの作者の特徴だろう。

ただまあ、題材が題材だからねぇ。どの作品も暗い(笑)。「絶望的」な作品はないのですが、それでも「希望に満ち溢れ」っていうのじゃ、全然ない。
ハッピーな気分になりたいときにはおすすめできない作品です。

2006/10/19

12番目のカード  

著者:ジェフリー・ディーヴァー 訳:池田真紀子
出版:文藝春秋社
クリックすると元のサイズで表示します

ディーヴァーの「『リンカーン・ライム』シリーズ」最新作。
ディーヴァーの持ち味は「ジェットコースター・ノベル」と称される目まぐるしいほどのストーリーの展開と、畳み掛けるどんでん返しにあるが、本作でもそれは健在。全く飽きずに一冊を読み上げることができる。

本来、この持ち味を生かすのは「単発作品」で、「シリーズもの」の場合、どうしても馴染みの登場人物には「仕掛け」が施しにくいといった事情から、制約が架せられざるをえない。その分、シリーズ・キャラクターに対する愛着や馴染みが出て来て、それはそれで味わい深いのだが(僕はこのシリーズのライムとサックスのカップルが大好き)、そのことがディーヴァーの持ち味を削いでしまう可能性は否定できないだろう。

実際、ここ数作に関してはあまりにも「どんでん返し」がアクロバティック過ぎて、「?」と思わざるを得なくもなかった。シリーズとしては深まっていく人間関係や世界観に満足を覚えつつ、一抹の不安も覚えていたのも事実である。
ただシリーズ前作の「魔術師」で犯人の設定によってアクロバティックさを上手く処理をし、直近作(単発作品です)の「獣たちの庭園」で歴史的過去を作品に持ち込むことで、「ディーヴァーもちょっと変わってきたかな」と感じていたところではあった。そして本作はその変化を裏付ける出来になっていると思う。

本作についても「お約束のどんでん返し」(この矛盾した言葉がディーヴァーの「壁」でもあるのだが)はある。しかしかつての作品にあったような「アクロバティック」な部分はかなり後退し、リアリティを以ってその展開を読むことができた。
まあその分、「驚愕」とまでは行かなくなっているのだが、これはシリーズ作品としては「成熟」と考えていいんじゃないかと思っている。(とは言え、これは「ディーヴァーとしては」と言うこと。他の作家の作品に比べれば、本作の「どんでん返し」の連続は驚異的と行ってもいい水準だ)
事実、本作ではお馴染みのシリーズ・キャラクターたちに、個人的な「試練」が架せられ、その克服を巡るドラマが展開することで作品の厚みがもたらされている。この展開には「どんでん返し」の要素は殆どないのだが、「シリーズもの」としては相応しい設定であり展開と言えるんじゃないかね。

ラストまでリアリティを維持するこの安定感は「シリーズもの」としては大きなプラスだろう。既に本国では発表され、評判もよいと言うシリーズの次作が今から楽しみである。

2006/10/16

YOKOHAMA HONKYTONK BLUES  雑感

週末は買い物で横浜の元町に行った。
ちょっと買い物に手間取り、レストランが何処も一杯で、昼食はやむなくチョット古臭い喫茶店でランチを食べることになった。
僕たちが席についてしばらくして入ってきた30代女性が二人(やや派手め)、僕たちのテーブルの隣に座った。座るなり、二人してタバコをふかし始め、2歳児を連れていた僕たちは眉を顰めた。
その二人が人目もはばからず、比較的大きな声で話していた内容。

・やや太目の女性は
「19歳で同棲していたとき、結婚を迫られたものの、最終的には破局。その後、稲川会系のヤクザと付き合っていたが、『姉さん』になるまでには至らず、一度騙されて覚せい剤を打たれたところを警察に踏み込まれ、3ヶ月間、越谷の拘置所に入れられた後、精神病院に収容。現在はグループホームの職員をしている」と言う経歴の持ち主。

・かたや専ら聞き役だった痩せ型の女性の方は
「若い頃、覚せい剤に手を出してしまい、中毒に。ある時、打ち過ぎて『頭がパーにな
り』、新宿署に飛び込み、『覚せい剤を打った』と大騒ぎして、御用。おかげで何とか中毒症から抜け出ることができた」
との話。

…いやぁ、ホントかなぁ。何か「虚言癖」のありそうな感じはしたんだけど。

「ランチに飲み物がついていない」ことにブーブー文句言ってる二人を置いて、僕たちが早々に店を出たのは、言うまでもない。

2006/10/15

これも経済学だ!  

著者:中島隆信
出版:ちくま新書
クリックすると元のサイズで表示します

以前「ヤバい経済学」を読んだとき、その面白さにかなり刺激を受けたものの、「もう少し『日本』に身近な事例が欲しいな」と思いもした(まあないもの強請りだ。実際には「大相撲」の事例が載っていて、それだけでも驚くべきことだったんだが)。
本書を知ったとき思ったのが、「これは『ヤバい経済学』の日本版かな」という期待だった。

結論から言うと、「期待通り半分、期待はずれ半分」。
確かに「日本」固有の事例を取り上げ、「経済学」という視点から興味深い側面を照らし出すという点は期待に応えてくれた。
大きく「伝統文化」「宗教」「社会的弱者」という区分で、その存在・活動の裏に経済学的な「合理性」があることを示しているのが本書だ。具体的な事例も多く触れられており、説得力はあると思う。
ネタとしてはナカナカ触れにくいものもあるのだが、そこを恐れずに突っ込む姿勢も評価していい。

「期待はずれ」は作品のスタイル。
「ヤバい経済学」は「経済学」とは縁がないと思えるような事象を取り上げ、経済学的思考を以てその「構図」をあからさまにし、統計的な分析も加えることで、裏づけも提示すると言う作品だった。「経済学」特有の「数式」による概念化は薄いものの、統計は重視しており、そのデータの取り方に「ゲーム性」にょうなものも感じられ、そこが魅力の一つにもなっていた。
本書の場合、この「統計的裏づけ」の部分が乏しい。
これは「やってない」と言うより、「煩雑になるから『新書』には向かないだろう」との判断から作者が割愛したのではと思うのだが、「読みやすさ」と言う点への配慮と言う面は評価しつつ、「ヤバい経済学」との比較においては「クレバーさ」と言う面で、一歩も二歩も劣っているように見える結果となったのは残念だと思う。

まあでも「ヤバい経済学」はジャーナリストとの共著だからな。「見せ方」が優れているのはそのことにも起因しているだろう。
「少し変わった視点(=「経済学的視点」)を持ち込むことで、固定化された思考に柔軟性を与える」
と言う狙いは両書とも共通しており、本書もその目的は果たせている。
比較するとチョット「もったり」した感じもあるんだけど、まあこれは仕方ないかな。

2006/10/12

世界の日本人ジョーク集  

著者:早坂隆
出版:中公新書ラクレ
クリックすると元のサイズで表示します

単純に「日本人に関するジョーク」が集められただけの本かと思っていたら、それぞれのジョークの解説や背景などの説明文も多く、その内容がかなり多岐に亘ってるので、ちょっと感心させられた。一定の見識が作者には見受けらるね。

まあでも「ジョーク」を集めた本であるのは間違いなく、クダクダ感想を述べるモンでもないだろう。ただこういう「ジョーク」、世界では一般的かもしれんが、日本人には違和感あるんじゃないかね。少なくとも僕にはある。

日本人は脂肪分をイギリス人、アメリカ人よりも食べない。日本人はイギリス人、アメリカ人よりも心臓発作を起こす割合がずっと低い。
フランス人は脂肪分をイギリス人、アメリカ人よりも食べる。しかしフランス人はイギリス人、アメリカ人よりも心臓発作を起こす割合がずっと低い。
日本人はワインをイギリス人、アメリカ人よりも飲まない。日本人はイギリス人、アメリカ人よりも心臓発作を起こす割合がずっと低い。
イタリア人はワインをイギリス人、アメリカ人よりも多く飲む。しかし、イタリア人はイギリス人、アメリカ人よりも心臓発作を起こす割合がずっと低い。
<結論>英語は心臓に悪い。


って、こんなの日常会話の中じゃ話さんだろう。
「ちょっと面白い話があるんだ」
なんて前フリで、こんな話を長々されたらひいちゃうと思うんだが。(僕だけ?)
「日本人はユーモアを解さない」と言うのが世界の共通認識らしいけど、想定しているジョーク・ユーモアの質が違うっちゅうのがホントのトコじゃないかネ。
長くて分かりにくいジョークは「アメリカンジョーク」ってことで、ちょいとバカにされる傾向にあるし、日本じゃ。

じゃ、最後に適当に拾ったのをもう一つご紹介。

アメリカに駐在することになった日本のビジネスマンがいた。彼の新たな仕事先は全米でも有数の勢いを誇る新興企業で、社員を猛烈に働かせることでも有名だった。彼の新しい上司は言った。
「明日から週6日、1日に12時間ずつ働いてもらいたい。それいいかな?」
それを聞いた日本人は、驚いて答えた。
「ちょっと待ってください。私ははるばる日本から来たんですよ。それなのにそんなパートタイムの仕事を任せるなんてあんまりです」


この日本人の反応が笑えないようなら、自分の人生、ちょっと考え直したほうがよさそうだ。


2006/10/11

金融史がわかれば世界がわかる  

「金融史がわかれば世界がわかるー『金融力』とは何か」
著者:倉都康行
出版:ちくま新書
クリックすると元のサイズで表示します

本書の中に「35歳ルール」という言葉が出て来る。これは「金融派生商品(デリバティブズ)の仕組みや運用を理解するには、35歳を過ぎた頭ではとても理解できない」ということらしい。
著者は、
「確かに難解な部分はあるが、最も重要なことはその商品や技術の本質は何かを知ることである。三五歳ルールを言い訳にしてデリバティブズへの興味を失ってしまうことは、現代の金融力への理解を諦めたことになるといっても過言ではなかろう。」
と指摘し、極力分かりやすく説明してくれるのだが、
…やっぱり僕には「35歳ルール」はあったようだ(涙)。

本書は世界経済の歴史的な俯瞰をする上で、「経済力」ではなく、「金融政策への信頼性、民間金融機関の経営力の強さ、市場構造の効率性、金融理論の浸透度、新技術や新商品の開発力、会計や税制などのインフラの強さ、お金の運用力、金融情報提供・分析力など」を総合的に評価する「金融力」という概念を創造し、その視点から世界経済の変遷、そして現代の状況、課題点を論じた意欲的な本である。
植民地主義や産業革命を背景として英国が「金融力」による覇権を確立し、二度の大戦を経て、その覇権が米国に移行。その後、金本位制が放棄され、米国の「経済力」が衰えを見せる中で揺らいだ覇権が、FRBへの高い信頼と、デリバティブズを始めとする多様性に応えうる金融市場を構築することで持ち直す流れ。更には「ユーロ」の登場により、覇権の二極化の可能性が窺える現状…。
…とまあ、この歴史的な流れはナカナカ面白い。
「日本経済は『世界第2位』の実力を持ちながら、なぜ世界経済の中核とはなりえてないか」
そこら辺も(「歴史認識」とか何とかじゃない理由で)何となく分かるようになっている。

そういう意味では非常にタメになる本だったんだが、そのなかで「現代」を語る上で欠かせない視点である「デリバティブズ」(本書でもそのためにワザワザ歴史の流れとは別に1章が設けられている)に関しての理解が及ばないという悲しい現実。
これじゃあ肝心のところを抜かしちゃったみたいなものだ。
誰か「35歳未満」の後輩にでも本書を読ませて、デリバティブズの内容を教えてもらおうかね?

ナンにせよ、「金融史」がわかんなかったので、「世界」は未だ謎に満ちている、というのが結論。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ