2005/11/16

11月15日  雑感

昨日から一泊で、水上(群馬)に出張していた。
スケジュール的には割りと余裕のある出張で、3時過ぎから6時までポッカリ時間が空いてしまい、外に出る気にもなれなかったので(何せ寒かった)、ボンヤリとテレビのワイドショーを見ていた。

昨日のワイドショー、もうこれは「紀宮様ご結婚」一色。
同じ披露宴のシーンを何回見たことか。石原都知事の何か間の抜けた「乾杯」とかね。

ただ自分でも不思議だったのは、その式の様子を結構好意的に見ていたこと。かつて(高校くらい)の僕は皇室には批判的だったはずなのだが…。
「やっぱ皇族っちゅうのは品があるなぁ」
なんて感想を持つなんて、昔からは信じられない。

まあ「歳をとった」と言えばそれだけなんだけど、色々天皇をめぐる歴史の知識を得たり、今上天皇の振る舞いや皇太子の言動なんかを評価するようになったというのはあるんだろうな。現時点では僕は日本の皇室の存在意義を認めていると言ってイイと思う。(僕が認めたからって、何がどうなるわけでもないんだが。笑)
三島由紀夫のようなスタンスは決して取れないけど。

ところで黒田慶樹氏は40歳、紀宮様=清子さんは36歳、というのは僕と妻の年齢と同じなんだよね。
でもって、11月15日は妻の誕生日でもあったりして。

1日遅れになったけど、今日ささやかな花束を買って、家に帰った。
花束を受け取る誰かがいる家に帰る、ってぇのはナカナカいいものです。

ま、花束をグシャグシャにしようと狙う小悪魔(=息子)には参りましたが(笑)。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ