2010/12/29

読書録「ストレスフリーの仕事術」  

・ストレスフリーの仕事術  仕事と人生をコントロールする52の法則
著者:デビット・アレン  監訳:田口元
出版:二見書房

クリックすると元のサイズで表示します

仕事の管理術としては、ほぼベストだと個人的には思っている「GTD(Getting Things Done)」。
その「GTD」の伝道者wによるエッセイ。
形態としてはエッセイなんだけど(もともとはメルマガだったよう)、内容としてはGTDに沿った「読み物」を52個、GTDの大まかな流れに沿って整理したものになっている。

少し前に「ストレスフリーの整理術」を読んだとき、
「GTDを進める上においては、折に触れての『気付き』が重要」
みたいなことを書いたと思うけど、そういった「気付き」を与えてくれるのに、こういうエッセイがメルマガで定期的に来るって言うのはナカナカいいね。
ま、僕自身はまとめて読んじゃったんで、そういう仕組みにはなってないんだけどさw。
(そういう仕組みに近いのは勝間和代氏の「サポートメール」かな?
「もう止めてもいいかなぁ」と思いつつ、何となく続けてるのは、やっぱりそういう「気付き」があるから)

僕自身、「GTD」を高く評価しつつ、それを徹底できているとはサラサラ言えない状況。
その「言い訳」については本書にも沢山紹介されてるけどw。
「時間がない」
ってところ。
でもコレが「言い訳」なのは自分が一番わかってるんだよねぇ。
そして「時間がない」からこそ、「GTDが効果がある」ってことも。

と言う訳で、本書を読んでの感想の一番は、
「年末年始の休暇に、ToDoの収集を時間とってやるか」
ってこと。
iPhone・iPad等のデジタルバイトの充実、クラウドの活用範囲の広がりは、「GTD」を動かしていく環境をスゴク強化してるとも言えるからね。

その結果がどうなるか?
それは乞うご期待、
ということでw。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ