2009/4/29

決弾  

・「決弾 最適解を見つける思考の技術」
著者:小飼弾、山路達也
出版:アスペクト
クリックすると元のサイズで表示します

「小飼弾」続きになりますが、まあ偶然。

「弾言」に続き、小飼氏が「生き方」について語った本。
と言っても、本作は「人生相談」スタイルになっていて、一貫した理論を展開するというよりは、具体的な「質問」に答えるスタイルとなっている。
そういう意味では読みやすいんだけど、読むなら「弾言」を先に読んだほうがいいね、間違いなく。

個々の質問に対する答えは、
「まあそうだろうな」
って範疇。
突拍子もないものはほぼなくて、その観点からは「人生相談の役割は果たしている」けど、読み物としては「もうひとつ」って感じかな。
むしろこれは「人生相談」ではなく、具体的事案に直面した際の「思考実験」として読んだ方がいいだろう。

普通、多くの「人生相談」は、回答者が自分の人生経験から解答を導き出すもの。
勿論、本書でもベースになるのは作者の「人生経験」であるのは間違いないけど、それ以上に、
「質問に対して、与えられた条件の中で合理的ない回答を導き出す」
って色彩が強いんだよね、本書の場合。
その「合理性」を問い、楽しむ作品だと僕は思う。

勿論、すべての人間が「万全の前提条件」を把握することはできず、したがって人間の「合理性」には限界がある。
しかしながら「運が多い」(「運がいい」じゃなくてね)人生を歩んできて、かなりの冊数の本を読んできた作者が考える「前提条件」は広範なものであり、それゆえその「合理性」には耳を傾ける価値がある。
僕は自分の「合理性」と比較しながら、結構楽しく本書を読ませてもらったな。
(「回答」のいくつかには首をかしげ、反対意見を持ったりもしたけどね。でもそれはそれでいいんじゃない)

巻末には勝間和代氏との対談が収められ、「読書の効用」なんかについても語られている。
毎度の主張ではあるけど、二人の意見の差異なんかも覗わせて、これはこれで面白く読めたヨ。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ