2010/3/15

サルガドの写真  Healing

セバスチャン・サルガド(Sebastian Salgado)ブラジル人のフォトグラファー。
彼の写真集「workers(労働者)」がとにかく凄いです。

クリックすると元のサイズで表示します



非常に過酷な状況で働く世界中の労働者を、目を背けたり逃げたりせずに、ありのままの姿を美しく捉えて撮る。その写真は悲惨な状況で働き続けて命を落としていった労働者の人々の魂に送るレクイエムであり、かつ現に働き続ける人々に対して勇気をもたらす壮大な交響曲のようでした。




私が一番衝撃を受けたのが、ブラジル金鉱の労働者の写真。



クリックすると元のサイズで表示します">

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



奴隷以外の何者でもないですね
もちろんこの現場に女性はいませんが、もし私が働いたら、
多分一日で死ぬと思います
上記写真のほかにも素晴らしい写真が沢山ありました。




人それぞれ受け止め方に違いがあると思います。



私はこの写真を見て、ここまで過酷に労働させる人間の強欲さに虚しくなりました。
労働させた人は来世で同じような状況で働いて欲しいなあと思いますね。。

そして最後まで働ききった人々の強さに拍手を贈りたいです。

一切の虚飾なしにありのままの姿を撮ってくれたサルガドに感謝。

サルガドの写真集はAMAZONで買えます。





6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ