2010/7/27

今年もルバーブ  Herb

クリックすると元のサイズで表示します


ルバーブ



今年は4キロのルバーブが届きました。
ずっしり重いです
冷蔵庫の中がルバーブに占領されています。
数年前からルバーブの美味しさにハマり、
新鮮な生のルバーブを毎年送ってもらっています。

ルバーブは

ダイオウ属 タデ科 学名 Rheum 多年草
原産地 シベリア 別名 ショクヨウダイオウ・パイプラント



ヨーロッパでは野菜の一種として扱われています。
きれいな空気と低い温度を好むので、
日本では北海道や長野県が生産地となっています。
長野県の信濃町では60年も前から栽培されてるそうです。
中国では生薬の大黄ダイオウとして古くから扱われています。
またアラブ地方でも古くから医薬品として扱われています。
かの有名な絶世の美女クレオパトラもルバーブを食べていたとのこと。


ルバーブの栄養は


カルシウムが多く含まれていますので、
イライラを沈める効果が期待できます。
マグネシウムやカリウムも含むので、血行促進も期待できます。
ポリフェノールは抗酸化作用・老化予防・動脈硬化予防も期待できます。
繊維質を豊富に持つので、便秘・腸内のお掃除にも活躍してくれます。




私のお勧めはルバーブの砂糖漬けです。
副産物のシロップはとても美味しいです。
ソーダで割ったり、シャーベットの原材料として使えます。
ルバーブのシャーベットはとびっきり美味しいです。
シロップ状になった砂糖に漬けたままのルバーブを、
冷蔵庫に入れておけば、結構日持ちします。
パリッとした食感が保てるので、
ヨーグルトに加えたり、ケーキやパイを焼く時に
加えたりと大活躍します。











6



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ