2010/6/24

梅雨の時期のトラブル  Healing

クリックすると元のサイズで表示します





梅雨の季節は湿度が高くジメジメして体調不良を訴える方が非常に多い。

中医学でいう湿邪の影響。湿邪に身体が影響を受けると、体の水分が下に滞ってしまい

体内の水分の循環が悪くなり、むくみ・だるさ・肩こり・湿疹などの症状となってあら

われる。アトピー等の症状がある人もこの時期に症状が悪化したりということも多いよ

うです。特に日頃から水分代謝のよくない人はこの時期注意が必要です。

冷えは水分代謝を悪くさせるので身体を冷やさないこと。

職場で冷房の強い温度の低い環境で一日中過ごす人は少しぬるめのお風呂にゆっくり浸

かって沢山汗をかくこと。





他には、乳製品・お肉など脂肪分の多いものは出来るだけ控えるようにする。

身体を冷やしてしまう冷たい飲み物や食べ物は出来るだけ控える。

夜寝る前のアルコールや水分も控えるようにする。

寝る前の食事やアルコールは身体に負担をかけてしまいます。




湿邪をとり発散させる食べ物は、

ジョウガ、山椒、ネギなど。。

スパイスではターメリック、クミン、ガラムマサラ等。



利尿作用のあるハーブ

スギナ、ローズマリー、ハトムギ




当サロンのサウナは冬場に人気ですが、この時期にもお勧めです。

熱すぎない温度でじわじわと発汗し、南米・中東のハーブが水分代謝機能を促進し若返

らせてくれます。


水分代謝を促進させて心身共に元気に梅雨を乗りきりましょう!



6



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ