2009/11/5

自分の事は自分でね!  ★我が家の旅のスタイル

クリックすると元のサイズで表示します
もうひとつの我が家の決まり。自分の荷物は自分で持つ!
当たり前の事だが、だからいつでも荷物は必要最低限!

旅行前umiが必ず聞いてくる「おかあさん、うさちゃんは
一緒に行ってもいい?」いっつも一緒に寝てるうさぎの
ぬいぐるみの時もあれば、キティちゃんのブランケットの
時もある。返事は決まって「umiが持つから別にいいよ」

自分のバックパックに荷物を詰め始めてから、入らない
ものはどんどん諦めていくのだがね。貧乏旅行の鉄則で
公共交通機関以外(タクシーとかね)はほぼ使わないので
荷物が多いとしんどいのは自分だと言う事をもう知ってる。

テント泊の時は、旦那と私の衣服を私が背負い、旦那は
テント道具一式を背負う事となるので、旦那はすぐにこれ
向こうで買えばいいじゃん!っと言うが、小遣い減るけど
いい?っと聞けば、黙ってバックパックに荷物を入れる。

台湾旅行に行った時、英語で話す事が嫌になってきた
旦那は「今日荷物全部持つから、○○買って来て!」って
事が続き、我が家の分担がはっきりと頭脳班、肉体労働班
に区分けされた。それ以外にも「umi、そこまで荷物持って
やるから、アイス買って?」なんて事もあるので〜す。



taka's parlor のHP!


2009/11/4

私達らしい旅。  ★我が家の旅のスタイル

クリックすると元のサイズで表示します
旅での我が家の決まり・・・旅のお金は自分で出す事!

私達夫婦は喫茶店とマリンレジャーという別の商売を
して、収入支出共別採算。各自の収入から私は食費や
光熱費、旦那は車に関わる全ての経費を払ってる。
分担は大体同じ位の金額になる。だから旅はもちろん
外食の時も、普通は折半でたまにはどっちかのおごり!

子供も例外にあらず。我が子は7歳の小学校1年生だが、
小さい頃から店の手伝いをしており、小学校に行き
出してからは、店を手伝った日は1日100円のバイト代を
もらう。1年生は100円で2年生になったら200円!
我が家にお小遣いと言うものは存在せず、欲しいものが
あれば店でバイトするか年玉で買う。両実家から送ら
れて来る以外、お菓子を買ってやることもあまり無い。

まず旅に出る前に、すべての旅行費から交通費や宿代
などを別の財布に入れて私が管理。各自の小遣いは
金額を決めて、3人同じ金額を各自の財布に入れ、
食費やおやつ、遊興費、施設の入場料として使う。

嗜好品(ビール)でどんどん使ってしまう我が旦那は
後半いつも「umi、帰ったら返すから、お金貸して」
って羽目になる。私は私で、ちょっと食べてみたいけど
高いな〜ってものに関しては、2人に勧めて様子を見る。
金遣いが一番上手で、しかも太っ腹のumiは余裕の
最終日、自分が買ったお菓子などを一口あげるね!
っと私達の口に運んで来てくれる。

これが結構おもしろいんだ。旅の間は自分の好きな
物を好きなように買って食べる。もちろん、違う店に
入る事も可能なんだな〜。金銭感覚身に着くよー!

taka's parlor のHP!




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ