2010/11/25

請島から徳之島へ たっちゃん丸漁船の旅  ★奄美諸島

加計呂麻島のRIKIさんの紹介で夢生丸に乗せて
もらい請島まで渡った私。請島ではテントを畳み
夢生丸のター坊さんの民宿とやまに泊まる。
日帰りで与路島に行って帰って来たら、ター坊
さんが「明日、徳之島へ渡る船があるけど乗る?」
乗る!
本来なら、明日の定期船で加計呂麻島まで戻り
そこから古仁屋の港に渡り、そしてまた古仁屋
から徳之島行きのフェリーに乗るはずだった。
ター坊さん!ありがとうございます!

朝早く港に行くと、釣り道具をいっぱい抱えた
おっさん達(いや、若い人も若干いたかな?)が
20人ほど。船の名はたっちゃん丸。船長は想像
どうり、たっちゃんです!徳之島の会社の釣部の
方々で、一年に一度いろんな所に船をチャターして
釣旅行に出掛けているらしく、今年は与路、請島!
今日一日釣りをして、そのまま徳之島まで帰る
予定。あたし関係ないのに乗っていいの?
いいの、いいの、男ばっかでむさ苦しいから・・・
って感じで今回も自転車ごと乗っけてもらう。
クリックすると元のサイズで表示します
たっちゃん丸のたっちゃんです。

出港したたっちゃん丸は、昨日行った与路島の
近くへ。歩いて行けなかった港の裏側の浜も
見れ、崖を歩くかわいいヤギ達も発見。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
その後いくつかのポイントを回り釣をする釣部の
方々。縁もゆかりも無いチャリダーの私に釣った
魚はもちろん、お茶におにぎり、おかしにビール
と何から何まで頂いて、釣りまでさせて頂いたが
皆さんが次々と魚を釣りあげている間、私は
竿と格闘しているだけでした。
クリックすると元のサイズで表示します
そして、夕方徳之島に到着!
とっても優しいたっちゃん丸のたっちゃんと
徳之島○○グループ釣り部の方々、本当に
ありがとうございました!っと挨拶して・・・
さようならを言う前に、港で宴会スタート!
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
今朝まで知らない人だった方々から、何の躊躇も
無くビールを渡され、ハイ乾杯!ハイ!挨拶して!
ハイ!カワハギの皮むいて!今日釣られた
魚ちゃん達が次々とさばかれ、刺身となる。

あ〜うまい!あ〜幸せ!っと酔っぱらいとなった
私の為に、みんなで港にテントまで張ってくれた。
その上、次の朝見回りに来てくれて、朝食用の
パンまでくれた。感謝!感謝!

たっちゃん丸 090-3024-3336 or 090-2502-0627

瀬戸内町観光協会HP
こころ ゆったり 島時間
http://www.kyurajima.com/


にほんブログ村 旅行ブログ 離島旅行へ
にほんブログ村

taka's parlor のHP!

タグ: 島旅 離島 漁船の旅

2010/11/22

奄美諸島 与路島  ★奄美諸島

与路島は面積9kuほどの本当に小さい島。
請島の民宿に泊まっていた私は、日程上
日帰りになってしまった。一泊でも泊って
みたい、石垣のきれいな静かな島でした。
クリックすると元のサイズで表示します
帰りの船まで3時間しかなく、港近くの
一つだけある集落を見て回っただけだった。
時間があれば、裏の海岸に出る山道を抜け
海まで行って見たかったー!
クリックすると元のサイズで表示します
家々の周りのある石垣がとてもキレイに
積んであるので、顔を近づけじっくり
見てると「ハブ出るよ!」っとオバアに
脅され超ビビった記憶が鮮明にあります。
クリックすると元のサイズで表示します
行きも帰りも、船からずっと見えるハミャ島と
言う名の無人島。ヒョウタンのような山の間に
白いきれいな砂浜があって、いつかあそこで
テント張れたらいいな〜っと考えていた。

瀬戸内町観光協会HP
こころ ゆったり 島時間
http://www.kyurajima.com/


にほんブログ村 旅行ブログ 離島旅行へ
にほんブログ村

taka's parlor のHP!

タグ: 島旅 離島 与路島

2010/11/20

奄美諸島 請島  ★奄美諸島

奄美大島 加計呂麻島 までは聞いた事
あるでしょ?でも、請島と与路島の事は
ほとんど知られて居ない。

私は小さい島であればあるほど行ってみたく
なるんだな〜。何も無いと地元の人は言う
けど、小さ〜い島にも人が住み学校がある。
そして、それぞれ違う島の雰囲気があります。
クリックすると元のサイズで表示します
加計呂麻島のRIKIさんの電話一本で、ちょうど
請島に帰る所だった夢生丸のター坊さんに
チャリごと請島に渡してもらう。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ター坊さんは請島で宿もやっていらして、テント
泊続きであらゆる充電が切れそうだった私は
そのまま、民宿とやまに泊めてもらう事にした。
急に行ったのに、食事もたらふく食べさせて
もらい、ゆっくりお風呂にも入って、私が一番
充電出来た。ありがとうございます!

この島には小さいながら請阿室と池治って名の
2つの集落が有る。集落以外はほとんど山。
学校は池治。なので請阿室の子供は山道を
30分歩いて登校。民宿とやまの子供達も
毎日通っていると言う、その山道を歩いてみた。
クリックすると元のサイズで表示します
毎日通うとなると大変なのかも知れないが、
この一本道の通学路は、鳥が鳴き、木の実が
拾え、海が目の前に広がるすばらしい道。
いろんな事を発見し、いろんな事を考え歩く
だろうこの道。きっと大きくなって島を出ても
忘れられないだろうな。

請島 民宿とやま 0997−76−1012

瀬戸内町観光協会HP
こころ ゆったり 島時間
http://www.kyurajima.com/


にほんブログ村 旅行ブログ 離島旅行へ
にほんブログ村

taka's parlor のHP!

タグ: 島旅 離島 請島

2010/11/18

加計呂麻島 RIKIさん!  ★奄美諸島

クリックすると元のサイズで表示します
ちょうど10年前の2000年の5月の終り、
奄美大島の下にある加計呂麻島に行った。

雨上がりの晴天で、すっごく暑い日。
しかも加計呂麻島の道はアップダウンの
連続。バテバテで辿りついた一軒の
ペンション。どうやらダイビングショップと
併設の宿のよう。

私の中のダイビングショップのイメージは
その時までかなり悪いもので・・・。
街中のダイビングショップの人=冬でも
日焼けサロンで焼いたかのようにガングロの
チャラ男。街で若い女の子に声をかけ、
高い機材を売り付ける・・・。などと言う最悪の
感じに思っていた。

ダイビングショップか〜でも喉乾いたな〜
恐る恐る声をかけると、中から出て来た
オーナーらしき人は・・・???漁師?

このショップのオーナーRIKIさんのお陰で
私のダイビングショップのイメージは
一新されたのでありました。

ガングロではあるが、どうも日サロ風では
無く、カッコイイとは言い難い(ゴメン)が
なんとも重厚かつ頼もしい海の男感漂う
その風貌。そして、この時くつがえされた
ダイビング業者のイメージは離島へ行く
ほど確立されて行くのでありました。

固定観念と言うのは恐ろしいね。
まあ、バブル末期と言う時代でもあったし
ダイビングの観光地として有名な所には
やっぱりチャラ男風の店もあるけど、
離島へ行けば行くほど、違うものになる。

本当に海が好きなんだな〜って人が多いし
実際、漁師と兼業って人も多いからね。

その後、加計呂麻島で出会う人がみんな
口を揃えて、あいつはいい男だー!
そして、RIKIさんの紹介でいろんな人と
出会い、漁船数珠繋ぎの旅が始まったの
でした。ありがとねー!RIKIさん!

奄美 加計呂麻島
ダイビング&ペンション RIKI
HPはこちらです!
http://www4.ocn.ne.jp/~riki.net/bosyuu.html


にほんブログ村 旅行ブログ 離島旅行へ
にほんブログ村

taka's parlor のHP!




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ