2013/1/9


クリックすると元のサイズで表示します
昨日、宮古島の製糖工場が動きだした。
伊良部島や多良間島は去年から操業
してるし、キビの農家さんは年末から
すでにキビ刈りの用意を始めてるから、
畑で作業している人をよく見かけてた。

でも、あのでっかいトラック満載の
キビや、道端に積まれたキビの束を
見かけると、製糖期が始まったんだな〜
っと実感するんだな。

製糖期=沖縄の一番寒い時期。

寒い時の方がキビの糖度が上がるからと
昔どっかのオジイに聞いた事がある。

私達は内地の人間で親戚も無いから
手伝いにも行かないのだが、島の人は
製糖期になると、普段の仕事をして
土日は畑に出てキビ刈をするっていう
大変忙しい時なのです。

製糖期に合わせて休暇を取り、キビ刈り
手伝う為に島に戻ってくる人も居る位。
飲み屋は暇になり、弁当屋は大忙しに
なる時期ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
.
.
.
旧暦や暦、宮古島の行事など、詳しく事は
「takaのひとりごと」ブログを見てね〜!



にほんブログ村 旅行ブログ 離島旅行へ
にほんブログ村



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ