2012/12/28

南北の年に一度の熱い戦い!  ★チャリダーtakaの離島へ行こう

以下は数年前、ある旅行情報誌の「チャリダーtakaの離島へ
行こう!」と言うコーナーで始めて掲載して頂いた私の記事です。

南大東島、北大東島は、沖縄本島の東にぽっかり
浮かぶの2つの島。面積、人口とも南大東島が
北大東島の約3倍。100年ほど前に八丈島玉置
半右衛門という人が開拓した島で、沖縄の離島の
中でも独特の雰囲気がある。断崖絶壁の為、
フェリーからクレーンで上陸する。普段は海の
青さとサトウキビ畑の美しい、静かな島穏やかな
島なのですが・・・

今日は年に一度の北大東島と南大東島の親睦
対抗戦の日。今年は北大東島で行われる為、
南大東島に居た私は南大東選手団、応援団と
共にフェリーに乗り込んだ。しかし、南大東島に
渡る前、北大東島で、ソフト部練習グランドの
まん前でテントを張り、マネージャーとして
応援をすると約束して、毎晩練習後のビールを
頂いていた私は、大変肩身が狭い。
クリックすると元のサイズで表示します
北大東島に着くとすぐに開会式。そして野球に
ソフト、バレーボール、沖縄相撲テニス等、
2日間の熱い戦いが始まった。試合のレベルの
高さにも驚いたが、何より応援のすごい事。

なにせ日頃の練習の成果と、各島の名誉とプライド
がかかっている。お母さん達の応援はかなり激しく、
自分の旦那さんが負けそうになると
「負けたら家入れんよ!」っと怒鳴られる。
野次もかなりなもんで、負傷者が出ると
「いい足借りて付け替えれ!」そして、周辺大爆笑!

一番おもしろかったのは、感嘆符あ行の沖縄弁。
白熱したおしい所で出る言葉は「アギャ!」とか
「アゲッ!」バレーボールのサーブの掛け声は
「ソーレ!」ではなく、「ヤサ!」とか「ハイサイ!」
なのだ。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
私がマネージャー兼応援団長となった、北大東ソフト
ボールチームは中盤までいい戦いだったのだが、6回に
10点を入れられ残念ながら大差で負けてしまった。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
沖縄相撲を初めて見たが、普通の相撲と違い、ジリジリと
詰め寄る、長い戦い。じっと見ていると闘牛に見えて来た。
クリックすると元のサイズで表示します
バレーボールも並のママさんバレーのレベルではなく、
力も五分五分で、息を呑んで見てしまうほど。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
子供達は子供達で響太鼓などで応援、お母さん達は、
朝から晩まで大鍋で選手の食事作り。島中が南北戦
一色の熱い熱い2日間なのだ!そして若い女の子達は
「あの選手かっこいいよね」と後ろの方で小声で呟き、
男女の出会いの場でもあるらしい。
クリックすると元のサイズで表示します
夜は夜で、寄り抜きの男達による、南北飲み比べ大会。
たぶんこれが、一番熱くて長い戦いだっただろう。
南北戦が終わった次の日、島を離れ沖縄本島に戻る
フェリーの中で、南北戦は両島の体力向上と、男女の
親睦と、ストレス発散と、飲み会を兼ねた、一大
イベントだったんだな〜っと、二日酔いのもうろうと
した頭でしみじみと思った!

しかし、沖縄本島からも離れ、ポツ〜ンと浮かぶ、
この小さな2つの島で、こんな熱い戦いが起こって
いる事を、みんな知っているんだろうか?


にほんブログ村 旅行ブログ 離島旅行へ
にほんブログ村

taka's parlor のHP!




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ