2008/4/28

大分バスへの要望行動の感想  活動記録

4月22日の大分バスへの要望行動に際し、意見や資料の提供や様々なご支援頂き、感謝いたします。
参加者は、自立支援センター1人(福田)、夢ひこうせん1人(後藤)、障大協3人(森,三宮,大林)、それに別府市在住の倉富、議員2人でした。


☆彡★
 交渉は、やはり予想通り、会社の財政再建やバス停の整備など多少言い逃れはありましたが、今年9月に定時定路線で運行するということでした。
 私個人としては、後半年足らずで車椅子利用者も乗れるバスになるのか、疑問を感じたのですが、参加された皆さんは率直どう感じたのでしょうか? (障大協・森君代)

☆彡★
 私たち参加者からは、@新交通バリアフリー法の概要と基本方針と公共交通事業者がしなければならないことを再確認ました。
 それは、ノンステップバスの導入が法律で義務づけられたこと、事業者に対する公的な支援策があるということを確認しました。
 九州各県の進捗状況と大分の比較から、各県ともバス事業の経営条件は同じはずで、そのなかでも大分がなぜこれだけ遅れているのかをお聞きしました。
 A相次ぐ、乗客を巻き込み事故などを起こしている大分バスは、どれだけ公共交通機関としての使命を自覚して、路線バスを運行しているのかを問質しました。安全運行対策としての職員とモニターによる運転チックの実績などを聞きました。
B倉富さんから出された下記のデータを紹介しながら、倉富さんに発言(代読)していただきました。(障大協・大林)


【大分県内の低床バスの台数】

 大分バス     40台(ワンステ・スロープ付き)
             1台(ノンステップバス)
             4台(NSB・BFではない車両)
 大分交通    16台(ワンステ・スロープ付き)
            1台(ノンステップバス)
            1台(NSB・BFではない車両)
 亀の井バス    7台(ワンステ・スロープ付き)
            3台(リフト付きバス)
                 (2008年3月末現在)

これ以外にも「交通バリアフリー法」施行以前に導入された低床バス(ワンステ・スロープ板ナシ)が20数台あります。

 導入率    約9%(全国平均の1/4ぐらい)
         注:交通BF対応車両のみ。
 ノンステップバスの導入率
          2台で0.3%で全国平均の1/65です。
         全国平均は昨年末で20%ぐらいになって
         います!。


☆彡★
大分バスさんは9月以降からの運行計画が社内にあるためか、他の都道府県との格差を気にしてもいないようでしたね。
 耳に挟んだ話ですが、運行計画は県との間でも話が進んでいるのだとか・・・
 倉富さんが示された資料と意見を述べられた時も「それは県の方に・・・」のような感じでしたし。
 多くの障がい者施設があり、国際車いすマラソンをはじめとする多種多様なイベント、何より今年開催される大分国体、身障国体。別府・大分を中心とした「福祉のち・大分県」をアピールする絶好のチャンスでもあるというのに、この意識の低さは何なのでしょうね。
 聞いた話ですが、別府は坂が多く低床バスだと車両の底面をこすってしまうので運行が難しいのだとか・・・長崎では2006年に独自の仕様を採用して同じ問題をクリアしてるんですが・・・
 そういった部分の話も含め、もっと革新的というかパイオニア的な県であって欲しいと願うばかりですが、無駄なのでしょうか。
 ノンステップバスについても「あれは構造上意外と乗りにくいものなんですよ」なんて言われてましたが、その言葉が出るまでにどれほどの障がい者を乗せたのでしょう?
 http://www.new-wing.co.jp/bus/sightseeing/univ.html
都市部では↑のようなものもあるようですし。やはり、行き着くのは各事業者の意識と言うことなのでしょうか・・・ (自立支援センターおおいた・福田)

 
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ