2013/1/14 | 投稿者: sara

このブログでは何度か靴についてお話をしていますね

最後にお話したのは長く付き合うという話ですが
今回は就職活動、ビジネスシーンでの
「靴の重要性」についてお話しましょう


ホテルのスタッフさんは
お客様がいらした際、一番初めに
靴の状態をチェックするそうです

その状態からその方の生活スタイルや態度など
内面が見えるそうなんですね

それぐらい足元はその人を表します


就職活動で自分を知ってもらうのは大事ですよね

ですから、面接や会社訪問の際は
靴やパンプスをしっかりとお手入れしましょう

たまに穴のあいた革靴や
底の剥がれかけた靴で
面接に来る応募者もいらっしゃいます

訳を聞くと「お金がないので…」
残念ですがそれは理由にはなりません


お金がないから身だしなみを整えられない

厳しいようですが就活でこの理論は通じません

信頼を得るためには
清潔感やきっちりした身だしなみが必要なのです

どうしてもお金がない場合は
面接のない短期バイトなどで
お金を稼いでから応募しましょう

学生さんならば親御さんに頼んで
買ってもらうという手もあります
(もちろん後でお金を返すという約束で)

企業はそれぐらい厳しいのです


と、今回は少し厳しい記事になりましたが
丁寧に使っていれば身の回りの品は
かなり長持ちするんですよ

注意して欲しいのは革靴の場合
あまりにも古いと接着剤が劣化して
靴底が剥がれてしまうことがあります
(就活ではないですが、実際私はありました

そういった自体にならないよう
不安だな、と思ったら修理屋さんに
持っていきましょう
0

2012/2/9 | 投稿者: sara

今回は、またまた、靴についてお話します

前に、靴の選び方や手入れのなどのお話をしました

その手入れの延長になるかと思いますが・・・

靴の買い替えに付いてです

さて、買い替えとは言ったものの
『買い替えましょう』と言いたいのでは無くて

『長く綺麗に・上手に付きあいましょう』を言いたいのです


靴は、それなりの値段のものを購入し、上手に手入れすれば
特にサイズが変わらない限り長く付き合える物です

中には、就職後、体重が減りサイズが2〜3センチダウンする人もいるそうです
(実際には、足の甲の無駄な脂肪が減る為にサイズが変わってしまいま)

こう言った事がなければ、手入れで十分

しかし、長時間履く人や、歩き方に癖のある人は、靴の裏、底がすり減ってしまいます

これをそのままにしておくのは、足元を見られて場合目立つ事も考えらます

この靴の裏を修理、補修してくれるのがいわゆる、靴の修理屋さんです

様々なところにお店を見かけます
駅の近く結構多いですが、最近ではショッピングモールなどでも

出先などでも、早ければ10分〜15分で修理、補修してくれるので
面接前にメンテナンスを兼ねて立ち寄るのもいいですね


靴の修理屋さんを上手く活用することで、買い替えることなく長く履く事ができます



0

2011/12/4 | 投稿者: sara


今回は、面接時の靴、男性編のお話です

女性編でもお話しましたが・・・

靴は、座り方によっては、とても目に入りますし、
自分自身でも目に入った時に、気持ちが引き締まるアイテムでもあります

それに、男性は男らしさを表現できるアイテムでもあります


と、ここで注意です

男らしさのアピールと言っても、ゴテゴテのツンツンとんがり靴はダメですよ


最近のオシャレな社会人は、靴もオシャレに決めていますが、
これは、皆さん、社会人としての立場が確立しているから履ける靴です


これから、社会人になろうとする皆さんは・・・

スーツの色などを考えて組み合わせましょう

スーツの色は、紺やグレーがほとんどだと思います
この場合は、黒色のノーマルなひもタイプの靴がいいでしょう

派手な金具がついているものは、避けましょう


そして、男性の靴でもっとも注意したいのが・・・

就職活動は、長くなるか短くて済むかわからないもの・・・
それに、買った靴は社会人ともなれば意外と長く履くもの・・・
そして、面接時に靴をみる面接官もいます

汚れているかなどよりも、手入れされているかなどを見られます

特に、汚れや傷みは目立つので手入れをしっかりしましょう

少しでもいいお値段の靴を購入し、しっかり丁寧に手入れをしていれば
とても長く愛用できるものです


0

2011/12/3 | 投稿者: sara


では、今回は面接に履いて行く靴です

靴は、座り方によっては、とても目に入りますし、
あなたが一礼した時にあなた自身の目にも入り、気持ちが引き締まるものです


では、女性の靴についてお話しましょう


まずは、注意ですが・・・

黒色であれば、なんでもよい訳ではありません

ミュール、ヒールはもちろんダメです

では、ローファー??これも、学生ではないのでやめましょう


ヒールが5センチ以内のもの、いわゆるパンプスがベストです

素材は柔らかい革、合成革などが望ましいです
革類であれば、クッション性もよく疲れにくいです

もちろん、色柄物は言うまでもなくNGです

そして、たまにおられるのが真っ白のスニーカー・・・

確かに、中学生では、ばっちり正装ですが皆さんが受ける面接は
社会人のものです

面接は、運動ではないのでスニーカーはやめましょう


就活中に履く靴は、早い目に購入し少し、履きなれておく事をお薦めします

受ける会社・企業が一社の日もあれば、数社の日も・・・
または、受ける会社・企業が遠いなど、

歩く事が多ければ多いほど、靴に慣れていないと、
靴ずれなどを起こします

たまに、捻挫をして片足を引きずって面接に来られる方もいるとか・・・

最悪の事態にならないように、靴選びも大事な身だしなみです


0




AutoPage最新お知らせ