2012/6/14 | 投稿者: sara


ビジネスシーンに合わせて・・・ですが、
色々と調べると『サングラス』についての疑問をいくつか見つけました

なので、お題は、サングラスで・・・

さて、サングラス・・・結論から、もちろんNGです

出退社時、通勤途中でも、避けるのが一番です
通勤途中でも、どこで社内の人(上司など)に会うかわかりません

その時に慌ててサングラスを外しても遅いと思っておきましょう

もちろん、社内にしていくのは、論外です

では、営業先までの移動中は・・・

これは、場合によります
電車やバス、公共の交通機関や徒歩で向かう場合は、上記の理由同様
どこで、誰に出会うかわからないものです

しかし、車など、車を運転する場合は、減光のためにサングラスを使う時があります

これは、車内で着脱する事を徹底すればOKです

車内であれば誰かに見られていても『減光のため・・・』と理解して頂けます

が・・・車を言っても、社用車の場合は、場合によってはNGになるので
眩しくない限りは、使用を避けましょう

基本の心構えとしては、スーツを身につけている段階で、社会人です
それに伴い、企業の一社員であり、営業に出れば、看板をかけて出ているのと同じです

その意識を高く持って、社会人生活を送りましょう

0

2012/6/8 | 投稿者: sara


社会人になると、事務や営業などメインの仕事だけではありません

例えば『パーティー』です

パーティーと言っても、社内パーティーもあれば取引先などに
招待を受け出席する企業パーティーなどもあります

パーティーと聞くとやはり『何を着て行くか?』と言う事を考えます

ましてや、それがビジネスシーンのパーティーであれば、より悩んでしまいませんか


でも、友人内でのパーティーより、ビジネスシーンの服装選びの方が簡単なのです

『なぜ?』

それは、難しく考えることが無いからです
何を言っても『ビジネス』だからです

なので、いつものスーツスタイルでいいのです

パーティーだからと、シャツやネクタイを派手にする必要はありません

気合いを入れ過ぎて、場違いになる事もありますし、
社内・企業どちらのパーティーでも幹部の方(50代、60代の方)が
出席している可能性大

そんな中では、決めん込んだスタイルは、白々しい目で見られてしまいます

いつものスーツを清楚に着こなすだけで、ビジネスシーンのパーティーには合うものです

少しでもと思うのであれば、タイピンはデザインによっては大丈夫です
それと、靴を紐タイプの物にする程度あれば大丈夫です

パーティーでも、ビジネスである事を忘れないようにしましょう
0

2012/5/31 | 投稿者: sara

前回に続いて、シャツのお話なのですが・・・

シャツの選び方は、カラーや柄でも売り場がポイントになる事をお話しました

でも、専門店以外でもシャツは、販売されているもの

専門店で選ぶのがベストですが、それでも・・・と言う場合のポイントです

まずは、カラーシャツを選ぶ場合は、黒やダークグレーなどの濃い色は絶対にダメです

ビジネスマンとしての爽やかさが感じられないだけでなく、
どこかの夜のお店で働く男性の空気をまとってしまいます

それが『かっこいい』と思われる若い男性もおられると思いますが、
これから社会人として、年齢層幅広く付き合う事の多い場合、半分以上・・・
大半が最悪の印象を受けますよ


次に、柄シャツでも色については、同じです

濃いカラーを避け、そして、大きな柄の物は避けましょう

柄が大きいものは、個人的意見かも知れませんが・・・
ビジネススーツには合いません

もちろん、理由はそれだけでなく、印象は、最悪と言うより
避けたくなる感じの印象を持たれるかと思います


これらの理由から、例え専門店で買わないにしても、
選び方が大事であると言う事なのです

ビジネスシーンに合った服装を上げる事は、自身の社会での印象をあげる事に繋がりますよ
0

2012/5/30 | 投稿者: sara

前回からの流れで、就職活動中の身だしなみから社会人の身だしなみついてお話します

社会人になると様々なビジネスシーンがある事をお話しました

それから、社会人になれば、スーツなどもオシャレに着こなせる事もお話しました

しかし、オシャレが出来ると言っても、おおそれた事はもちろんダメです

ビジネスマンとしてオシャレを楽しむには、シャツです

就職活動中のシャツと言えば、白ですよね

社会人になると薄いカラーシャツや柄シャツであれば大丈夫な企業もあります
もちろん、社則の規定として、NGの企業もあります
あくまでそのような規定がない企業だけです

では、カラーシャツや柄シャツと言っても扱っているお店は色々あります

そのお店の基準が大事です

ビジネススーツのアイテムとして、カラーシャツや柄シャツを購入する時は、
ビジネスシャツを専門で扱っている事が重要条件です

ビジネスシャツを扱っていると言えば、もちろん紳士服店、百貨店などの紳士服コーナーなどで販売されているシャツであればまず、問題はありません

上記のような専門店に販売されているシャツは、メーカーがビジネスシーンを意識してデザインなどをしているので大丈夫

スーツは同じでも、シャツを変えればグットイメージが上がります
0

2012/5/29 | 投稿者: sara

今回から、少し、就職活動を離れて社会人になってからの身だしなみついてお話します

最近は、ほんとにオシャレなビジネスマン、OLさんが増えましたね

紳士服店、ビジネス関係の衣服専門店も増え、扱う商品も、ビジネス的かつオシャレです

現在、就職活動中の皆さま・・・今は、オシャレは辛抱です

社会人になり、実力が伴えば、ビジネススーツをオシャレに着こなせるようになります


さて、お話に戻りまして・・・

社会人になり、経験を積むごとに、遭遇するビジネスシーンは増えて行きます

顧客営業周り、企業営業周り、取引先周り、取引先主催イベント・パーティーなど
多くのビジネスシーンに関わることになってきます

しかし、これらの共通する事は、営業でもイベントでも、パーティーでも
ビジネスシーンであると言うこと・・・

つまりは、イベント、パーティーでもビジネスマンとして正装して参加しなくてはなりません

でも、場合によっては、ガチガチにビジネスマンで行く事で、
楽しい空気がそこだけ、営業の空気になってしまったりする事は望ましくありません

もし、先方が『ラフな感じで』や『気軽にお越しください』などの言葉を添えてくださった時は、ビジネスマンの意識を忘れず、小物でオシャレをしましょう

0




AutoPage最新お知らせ