2012/3/14 | 投稿者: sara

さて、今回は【男性の眉毛】のお話

最近は、男性でも眉毛を手入れする方が増えています

でも中には『まったく手入れした事がない』と言う方もいます

どちらにも、注意があります

人の顔は、眉毛一つで印象が変わります


以下、参考までに・・・

まずは、手入れをしている方
手入れをしていると言っても、オシャレと就活では違いがあります

@太くて濃い眉は、男らしいワイルドな印象
A太くて薄い眉は、上記とは逆に穏やかな印象
B少し長めのスッキリ細めの眉は、はっきりとしたシャープな印象
Cアーチのない上がり眉は、凛々しい印象
D下がり気味の眉は、落ち着いた印象

では、どれが就活に向いているのか・・・
元々の形もあると思いますが@ABあたりがベストですね

Cはキツイ印象にも見えますし、DはCとは逆に貧弱な印象になります


次に『手入れはしない』と言う方
少し無駄な部分だけでもカットする事をお薦めします

元々の形にもよりますが、そのままでは少し野暮ったい印象になりがちです

日頃手入れしていない方は、自身での手入れは失敗が不安ですよね
でも、大丈夫です

理髪店などに行けば『眉剃り』と言って、理容師さんがいい形にしてくれます


もちろん、自身で手入れしている方も就活の為に理髪店を利用する事は良いことです


0

2012/2/15 | 投稿者: sara


今回は、お題の通り男性のお顔の【脂】=【皮脂】についてなのですが・・・

これを気にする事も男性の身だしなみの一つです


脂(皮脂)=顔のてかりです

汗をかいた後なのか、脂性の方なのか・・・
顔が脂でテカテカになっている方見かけた事ありませんか

男性は、女性と違って、メイクなどはしないので
てかりの原因である脂は目立ってしまいます

体質的・生理的な事でもあるので、全てを否定するのではありませんが
社会的なエチケット・身だしなみとして就職活動中は、気にかけるようにしましょう

面接官に清潔感を印象つける為にも大事です
特に女性の面接官は、男性の清潔感には目が行く事が多いので意識しましょう


まずは、出掛ける前の洗顔を心掛けましょう

最近では、男性用に化粧水なども販売されていて
これには、余分な脂を押さえるものなどもあるのでお勧めです

それでも、脂がと言う方は、やはり、脂取り紙です

『女性向けでは・・・』と思う男性多いと思いますが
現代は、男性向けのコスメ、もちろん脂取り紙もあります

恥ずかしがらずに、薬局などで購入できますよ

使う場所は、どこででも大丈夫
(企業内では、控えましょう)


普段から、顔の脂を気にした事のない方・・・
一度、意識してお手洗いなので鏡で確認してみましょう



0

2012/1/30 | 投稿者: sara



今回のテーマ・・・

男性(顔、ひげ)・・・

なぜ、このテーマに決めたか・・・
先日、仕事場のお客様に(男性・現在就活中)と言う方がこられました


この男性、ひげをオシャレに手入れされてました
無造作に伸び放題な訳ではないのですが・・・

あごにチョビッと生やしておられました

話しているうちにそのお髭のまま面接などに行かれてるらしい

驚いた
今の社会はありなのか


で・・・やはり、私は『ありでは無い』と思いましたので
これをテーマに

やはり、就職活動中、髭は剃りましょう

手入れしていても、少しだからと言っても、
髭を生やして、面接にくる男性に、爽やかさを感じる事ができません

これでは、イメージの問題だけでマイナスになってしまいます

たかが髭されど髭です

男性面接官・女性面接、どちらにも良い顔をされる事はありません

皮膚が弱い人は、髭の薄い方は、前日に剃っておきましょう
当日に剃って、剃刀負けであご周りを赤くして面接に行かなくて済むように

濃い人は、極力当日に剃るようにしましょう
その上記のように赤くならないようにシェービングフォームの使用をお薦めします


就職が決まって、落ち着けば髭はいつでも伸ばす事のできるものです

オシャレはわかりますが、就活を優先させましょう

0




AutoPage最新お知らせ