2011/12/4 | 投稿者: sara


今回は、面接時の靴、男性編のお話です

女性編でもお話しましたが・・・

靴は、座り方によっては、とても目に入りますし、
自分自身でも目に入った時に、気持ちが引き締まるアイテムでもあります

それに、男性は男らしさを表現できるアイテムでもあります


と、ここで注意です

男らしさのアピールと言っても、ゴテゴテのツンツンとんがり靴はダメですよ


最近のオシャレな社会人は、靴もオシャレに決めていますが、
これは、皆さん、社会人としての立場が確立しているから履ける靴です


これから、社会人になろうとする皆さんは・・・

スーツの色などを考えて組み合わせましょう

スーツの色は、紺やグレーがほとんどだと思います
この場合は、黒色のノーマルなひもタイプの靴がいいでしょう

派手な金具がついているものは、避けましょう


そして、男性の靴でもっとも注意したいのが・・・

就職活動は、長くなるか短くて済むかわからないもの・・・
それに、買った靴は社会人ともなれば意外と長く履くもの・・・
そして、面接時に靴をみる面接官もいます

汚れているかなどよりも、手入れされているかなどを見られます

特に、汚れや傷みは目立つので手入れをしっかりしましょう

少しでもいいお値段の靴を購入し、しっかり丁寧に手入れをしていれば
とても長く愛用できるものです


0

2011/12/3 | 投稿者: sara


では、今回は面接に履いて行く靴です

靴は、座り方によっては、とても目に入りますし、
あなたが一礼した時にあなた自身の目にも入り、気持ちが引き締まるものです


では、女性の靴についてお話しましょう


まずは、注意ですが・・・

黒色であれば、なんでもよい訳ではありません

ミュール、ヒールはもちろんダメです

では、ローファー??これも、学生ではないのでやめましょう


ヒールが5センチ以内のもの、いわゆるパンプスがベストです

素材は柔らかい革、合成革などが望ましいです
革類であれば、クッション性もよく疲れにくいです

もちろん、色柄物は言うまでもなくNGです

そして、たまにおられるのが真っ白のスニーカー・・・

確かに、中学生では、ばっちり正装ですが皆さんが受ける面接は
社会人のものです

面接は、運動ではないのでスニーカーはやめましょう


就活中に履く靴は、早い目に購入し少し、履きなれておく事をお薦めします

受ける会社・企業が一社の日もあれば、数社の日も・・・
または、受ける会社・企業が遠いなど、

歩く事が多ければ多いほど、靴に慣れていないと、
靴ずれなどを起こします

たまに、捻挫をして片足を引きずって面接に来られる方もいるとか・・・

最悪の事態にならないように、靴選びも大事な身だしなみです


0




AutoPage最新お知らせ