2013/2/21

原風景を探して・・・。  

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



写真は、兵庫県秩父市の明延鉱山
(近代化産業遺産)に走っていた
「1円電車」と呼ばれた
鉱山電車であります。

このカラー、
何か記憶に甦りませんか?
そう、昭和には当たり前にあった
電話ボックスのカラーに
似てますよね。
また、サイズがいいんです。

昭和懐古主義の当方には、
とても心魅かれる原風景に
思えてなりません。



かつて、地方から都市部
いや、日本を支えた各種産業は、
今から思えば、随分短い期間に
その灯を消していったんですね。

現代でも、
若い人たちの中には、
ネットを武器に、
田舎での暮らしを模索したりと、
往時とは違う視点で、
原風景を見いだそうとしている
ようです。

頼もしいではありませんか。


経済成長だけではない、
幸福を1円電車に映し出してみたい
木曜の黄昏であります・・・。








明日も元気にいきしょう。

ハナキンですよ。
さくらんぼに集合しましょう!

ありがとうございます。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ