2012/10/31

手袋にて候・・・。  

ご近所のお寺に、この時期に
咲く桜がポツポツと可愛らしい
一花を楽しませてくれております。

季節ごとの可憐な花姿、いいですね。

また、同じ串機知にはバナナが
ありまして、見上げれば、なんと
大きつぼみがあるじゃありませんか。
その脇には確かに「バナナ」らしく
果実の形状が・・・。

趣きは違うにせよ、
花は、私たちと一緒に、「秋」の
中にいるんです。

さて、マフラーに続く
今宵の妄想は、手袋であります。

母さんが夜なべをして
編んでくれたかどうかは
別にして、手袋もまた、
昭和的においのする
アイテムだと思います。

防寒のそれは、もちろん、
車掌さん、おまわりさん、
ドライバー、etc・・・。

そう、子どもの頃の憧れの
大人=職業=を印象づけた
ものだったと記憶しております。

私が最初に憧れたのは、
TVドラマ「キーハンター」の
川口浩さんのそれであります。
いつもスーツと
アタッシュケース、
長い廊下を「コツコツ」と
心地よい靴音を響かせながら、
その手は「黒の革手袋」が
はめられていて、
とにかくかっこ良かったんです(笑)。

また、四畳半フォーク的には、
彼女とお揃いの「ぼんぼり」のついた
毛糸の手袋かなんかして、
月に一度の贅沢だけどと、いいながら、
お酒もちょっぴり飲んだりするのであります。

当然、雨が続くと仕事もせずに
キャベツばかりをかじるわけですが、
=どこに手袋がでてくるんだよ=

☆この妄想の面白さ?はフォークソングを
知っていないとまったく伝わりません!
ご了承のほどよろしくお願い致します(笑)。

↑上の続き・・・

そんな暮らしが可笑しくて、
彼氏の横顔を見つめていた彼女は、
さよならを言えるのは今日だけと
いって、更に追い打ちをかけるように、
5年の月日が長過ぎたと、いいだし、
更には「あなたのままで変わらずにいて」
などと妄言するにいたり、
彼氏は手詰まり&袋だたきのような状況で、
=ここで手袋がでてきた!=
一人赤ちょうちんに消えていくのであります。


今でも、手袋をみて、若き日の
ほろ苦い青春を思い出す方も
多いのではないでしょうか。

手先の冷たい人は心が温かいと
申します。

もし、手袋に辛い思い出のある方、
いいんです、秋風に冷えた手は、
誰かがあたためてくれるのです。

誰もいなかったら、さくらんぼにきて、
マイクを持って「歌う」のです。

心も身体も温かく、そして明日への勇気が
湧いてくることまちがい無し!








さあ、明日も元気にいきましょう。

ありがとうございます。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ