2020/11/10

唄が「ある」っていいじゃないですか。  

昨日は「小さくなった」品々について
お話しましたが、今日は少しその続きを…。

昭和懐古おじさんの筆者は
昭和の中期に生まれ、
赤貧の中で育ったものであります。

当然ながら
なんでも家にある暮らしなど
考えもしませんでした(笑)。

基本的には「無い」のが当たり前。
おしゃれなお菓子やジュースなど
何か特別なことがなければ口することは
まあ、ありませんでしたし、おもちゃも
服もなんでもそう。

ですから、とにかくも、「たくさん」食べられること、
なんでも「有る」生活を夢見て、過ごしたわけです。

そんなこんなで大人になって、
バブル景気のしっぽを掴みそこねて幾星霜(笑)、
あらゆるものが「小さく」あるいは「少なく」
なってきたのは、筆者からみれば
いわば原点回帰の一幕のような感じ。

情報社会、少子化、貧困格差に環境汚染etc…
恐ろしいほどの難題が山積しておりますが、
知足の精神でもう一度幸せとは何かを
考えいきたい思うわけであります。

みんな誰一人漏れることなく、
幸せを手にしなくては
ならないのですからね!!





今日もみなさんに感謝を。
唄が「ある」暮らしには
夢が広がります!!
いつでもさくらんぼへどうぞ。


皆さんのお越しを
スタッフ一同心より
お待ちしております!!
ありがとうございます。


=========================
カラオケ・スベース・さくらんぼ

京都市伏見区深草西浦町6-61-11

お電話番号  075-645-1571
=========================



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ