2016/11/17

人知れずの、秋に・・・。  

いつも今頃に思うのですが、
例えば、夏に人で賑わった海や、山も、
まったく人の気配がないまま
晩秋の中にあるということ。

海鳥だけが遠くを見つめていたり、
誰聞くことない波の音が遠くまで届いたり・・・。


山でも樹々の紅葉やあるいは、
人知れず花を付かせるものがあったりする。


つまり、
自分自身の気づかない中で「自然」が
息づくことに勝手な郷愁をおぼえるのであります。




四季を有するところでは、
きっと時の移ろいを、自然の音やにおい、
風のひとつ一つに感じているのでしょうね。





寂しさは、
優しさへと続く一里塚。



晩秋の中に埋もれた何かを
ちょっと探しに行きましょうか・・・。








さあ、唄うの中にも
様々な発見があるものです。





気づかなかったあなただけの
大切な言葉やメロディを探しに、
さくらんぼへどうぞ。



スタッフ一同、
心よりお待ちしております。



あがとうございます。












0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ