2016/3/13

溢れて・・・。  

振り返りますと、人生において
いくつも「溢れる」体験がございます。


赤貧の幼児期は涙が溢れ(笑)、
小学校の頃には公園の水
道の蛇口が破裂して水溢れ・・・。




またまた、青春期には
苦悩と自己嫌悪に押しつぶされて(?)
そうして、煩悩溢れる中年の星とあいなりました。



さて、
近年、花粉症の解説にビーカーやコップを
例にしておりますが、
ようはその容量から溢れたときが
発症の時とのこと。


溢れてほしくないものが
今の時代は多いようで・・・。










カラオケ・スペース
さくらんぼには、

愛と優しさが溢れております(笑)!
うそだと思ったら、いらしてみてください。
=〇〇麺のCMみたいな・・・=



また明日から一週間
元気にいきましょう。


ありがとうございます。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ