2013/6/30

セミの心やいかに・・・。  

さて、セミは今、地上へ飛び出す
準備をしている頃でしょうか。

様々な喩えになる
セミの一生であります。


幸せなのは、
地中での長い時間なのか、
短くとも地上でのときなのか。

時間の感覚(あるいは概念)も
人間のそれとは違うでしょうから、
そもそも勝手な妄想なんですけど。

自然の摂理の前に、
人もセミも「今」を
生きることだけがすべて
なのか・・・。


もうすぐ聞こえてくる
炎天下のセミの聲。
何を訴えているか、
妄想してみたいと思います。










さあ、明日から7月、
カラオケさくらんぼで
夏を先取り、そして
元気にいきましょう。


ありがとうございます。

0

2013/6/29

ビートルズが来た日・・・。  

1969年の昨日、
新宿西口地下広場で7000人を集めた
反戦フォークソング集会が開催され、
逮捕者も出した大変な出来事だったとのこと。

またビートルズが初来日したのは
同年の今日・・・・。


音楽も人々のも「熱い」時代だった
わけであります。


平和とは何か、
自由とは何か、
マルクスレーニン主義とは・・・・。



これから
世の中はどうなっていくのかしら、

とは、「今を生きるもの」の
変わらない声なんですよね。



さて、平成の世、
これから世の中はどうなっていくのかしら・・・。







歌が綴る時代の移り変わり、
そこに何があったのか、
さくらんぼで、確かめてみては・・・。



皆様のお越しを
お待ちしております。


ありがとうございます。



















 
0

2013/6/28

週末はさくらんぼへ・・・。  

六月の雨

またひとしきり 午前の雨が
菖蒲(しやうぶ)のいろの みどりいろ
眼(まなこ)うるめる 面長き女(ひと)
たちあらはれて 消えてゆく

たちあらはれて 消えゆけば
うれひに沈み しとしとと
畠(はたけ)の上に 落ちてゐる
はてしもしれず 落ちてゐる

お太鼓(たいこ)叩いて 笛吹いて
あどけない子が 日曜日
畳の上で 遊びます

お太鼓叩いて 笛吹いて
遊んでゐれば 雨が降る
櫺子(れんじ)の外に 雨が降る

              中原中也


100年近く前の様々な情景描写に
今変わらない「何か」を
自分に見つけてしまいます。


人の持つ強さと弱さ、
あるいは、光と影でしょうか、
モノクロの世界へいざなう、
先人たちの言の葉を経も一つ
抱いてみようと思うのであります。










さあ、
週末は、さくらんぼで
歌の小旅行といきましょう!

ありがとうございます。




0

2013/6/26

雨・・・。  

雨であります。

傘を持つ手が辛くて、
何度も持ち替えては、
雨あしを気にしてみる・・・。


今も所々に、
地道(砂利道)があって、
水たまりの淡い反射光が
時間を越えて「昭和」を
映しております。

そんなシーンを見つけては
とりとめもない妄想を膨らませる
水曜の黄昏であります。












明日一日、元気にいきましょう。

ありがとうございます。
0

2013/6/21

侘びてこそ・・・。  

激しい雨であります。

朝から「モノクロ」の世界なんですが、
すべての色合いを失したかと思いきや、
ガクアジサイが一際鮮やかな紫を放ち、
いつもの風景にコントラスト美が
栄えておりました。

モノトーンの世界は「わび、さび」に
通じる趣がありますね。

「みる」意識をもたないと、
見えてこない美しさ。
「きく」意識をもたないと、
聞こえてこない美しさ。
「あじわう」意識を持たないと、
感じられない美しさ。

まだまだたくさんの「美」に
気づかないまま、
暮らしているのかなと、
そんな妄想をする金曜の黄昏であります。










そんなこんなの週末は、
さくらんぼで、楽しんでください。

気づかなかった何かが
見つかるかもしれません・・・。


ありがとうございます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ