2013/4/2

雨にて候・・・。  

え〜雨であります。

〜しず心なく
  花の散るらむ

なんですね。


雨が上がりますと、
乾いた風が吹き抜けて、
その中に舞う花々が、
野にかえり、また水面に
彩りを添えていくのであります。

春がゆく・・・・。


さて、
春の乾いた風は、七人の侍や、
マカロニウエスタン
=若い方にはまったく
  わからなくてすみません=
を彷彿させるんでよね。

風は、季節によって当然
違うのですが、春のそれは、
冬を連れ去り、春を運ぶという
大役を担い、履き替えた靴に
まとわりつく妙な不安を感じされる
わけであります。

風の向こうには、黄昏のまちと、
野良犬の遠吠え・・・。

草花を揺らしながら、
次のまちへと消えていく、
春、一陣の風・・・。

やっぱり、
時代劇か、ウエスタンだな〜(笑)。

未だに「誇り」は持てぬまま、
ただ、「埃」まみれの妄想は続く
火曜の黄昏であります。










明日も風に吹かれて(笑)、
元気にいきましょうね。

ありがとうございます!
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ