2013/3/31

花見もタイミングの善し悪し・・・。  

花見の予定日まで、桜は持つかな?
今日はこんなつぶやきが聞こえそうな
日曜でありました。

いつものようにひねくれ者の筆者は、

葉桜と、柳にそよぐ風を肴に
一献できれば、いいじゃない!
となるんです(笑)。

〜鳴かぬなら
  私が鳴こうホトトギス〜

昔からの我が座右の銘であります。


さて、今日の妄想は、
そんなこんなの
タイミングについてであります。


物事にはすべからく、
タイミングがございます。

ちょうどいいタイミングで
来てくれた!

怪獣出現とウルトラマン!?

はたまた、出前のラーメン・・・。

逆となれば、「間が悪い」わけであります。

駅を降りたとたんにどしゃ降りも、
一例でしょうか。


絶妙なタイミング、
良くも悪くも稀にあるんですよね。





自分を省みますに、
生まれたときから、
絶妙に「間の悪さ」
続きであります(笑)。


が、しかし、(お約束のフレーズ)

タイミング悪いと思うときは、
実は、良いとき以上に人は
いろんなものを得ることができます。


ですから、タイミングをはかる自分
を一歩ひいて客観的にみてみましょう。

今あなたが感じた「間の悪さ」は、
実は、ラッキーとしてかえってきます。

自信を持っていきましょう!









タイミングのイメージトレーニングは、

さくらんぼで、仲間の唄に合のい手を
入れるところからはじめてください(笑)。

明日から4月、元気出していきますよ!


ありがとうございます。

1

2013/3/30

アツい季節なんです。  

今日は、京都各所とも花見に最高な
一日だったのではないでしょうか。


さて、今日のお話はと申しますと、
「〜熱」であります。

流行、風潮、トレンド・・・・。

春には、まずファッションのそれが、
多く目に入りますよね。

今年の流行は○○だ!


時代が進み、バブルもはじけて、
高度成長期のような「〜熱」みたいなものは、
なかなか一くくりには語れなくなりました。

そうすると、まったく意外な「〜熱」だって
あるんだろうなと妄想するのであります。

以前書かせて頂きました「月刊農業」なる
雑誌の4月号特集には「ウネ立て名人になる!」
〜 桐島さんが若者にウネ立てのコツを伝授〜
とありまして、なるほど、ある意味では若者に
受けるよなと思うんですね。


もちろん、
もっと身近なところにも
あるわけですよ。

カラオケ愛好家皆さんにも、
それぞれの「熱」があるものと存じます。



「〜熱」にハマっている人も、
今探している人も、
春はスタートラインです。


大いに楽しんでいきましょうね。










明日も元気にいきましょう!

さくらんぼは
年中無休で「熱い」でよ!

ありがとうございます。




1

2013/3/29

花見のあとは・・・。  

いよいよ花見も
明日明後日がピークでしょうか!


桜舞う京都で、春を手にしたら、
次はさくらんぼでマイクを手に
春を歌ってください!



週末は、
皆さんでさくらんぼへどうぞ。

お待ちしております!






1

2013/3/27

ロックが通過いたします。白線までお下がり下さい。  

今日は、雨であります。

それほどの風でもなかったのですが、
相棒の百均傘をさしておりましたら、
バサッとめくれ上がって骨だけに!

格好わるいこと、この上無し。

=我が心、
この傘骨にさも似たり!


さて、本日の妄想はと申しますと、

京都の電車を
音楽に喩えると何か?
というお話であります。

まあ、この時期ですから、
春から、京都に下宿して、
楽しい学生生活を始めるぞ、
という方たちが全国から
来る訳ですよね。

そうすると、
例えば、JRの山陰線からだと、
これは、送り出す親御さんからは、
「演歌」の路線となり、
送られる若人(=死語)には、
旅情フォークソングの路線とる
と妄想するのであります。

=どんだけの偏見なんだ=



ということは、
羽田から関空に着いて
「はるか」に乗れば、
これは、演歌ではなく、
フュージョン(これも死語?)系、

ところが南海電車で大阪経由でくれば、
なんとなく、ブルース系かなと(笑)、


準じて、


大和路快速は詩吟、
京阪特急はJポップ、
阪急電車は、アニソン?。
近鉄電車は、懐メロ全集


駅で申しますと、

深草は、フォークで、
藤森も、フォークかな?

ところが
鳥羽街道は、
どう考えてもヘビメタですね。

地下鉄のくいな橋は、
もっと劇なデスメタル。

=長野さん、
私、よく知ってるでしょ(笑)=

皆さんの最寄りの駅は
ジャンルでいえば、
何んでしょうか?


☆、極めてローカルな妄想にて 
  失礼いたします・・・。








明日も元気にいきましょうね。


ありがとうございます。
1

2013/3/26

見つめてますか・・・。  

今日はまた、寒いのであります。

今冬の名残や如何に・・・。

メジロに聞いてみますか(笑)。



さて、本日の妄想であります。

今日は、「見つめる」であります。

=なんだそれ=


唐突ながら、
人は、あらゆるものを「見つめ」ます。
それこそ、日々の天気、空と雲を見つめ、
また、樹々草花を見つめるのも然り。

もう一つ、自分(の生きてきた道)や
社会を見つめますよね。

そんなとき、目は黄昏れを
むいていても、さらにその遠くを、

風をかきわけ、時間をも飛び越えて、
見つめているんですね。



見つめるさき=景とは、
年を重ねていくほどに、
奥深く、広大なものとなってくもので、
いわば、大人だけの景なんでしょうね。


そうして、O様や長野さん、
そして様々な方達に接するにつけ、
人は年輪を重ねることが、
実に魅力的でかっこいいと
感じてしまうんです。


若いときがいい。

と、若い時は思ったりもしました(笑)。

が、しかし(いつもの妄想的転調の常套句!)

やっぱり、年を重ねることは、いいんですよ。

いつも「どこか痛い」
   「息が切れる」
   「めまいがする」

そりゃ〜いろいろありますよ。


が、しかし(パート2)、


それでも、見つめる「目」、
すべてを包む何かがあると
思えてなりません。


=自分自身に、その目が
 ないことが今、最も重要な
  問題ではありますが=



今を見つめる大人たちよ、
大いなる展望を語ろうでは
ありませんか!

などと妄想する火曜日であります。







明日も一日、元気にいきましょうね。


元気がなくなりそうになったら、
さくらんぼへどうぞ。


ありがとうございます。

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ