2011/12/19

変化を問われれば・・・。  

日々気忙しさの満ちてくる
師走・・・。

ただ、寒さはあるものの、
少しずつ日が長くなる感覚、
つまり、早くも春への期待が
こみ上げてくる月曜の黄昏であります。


未曾有の災害から9ヶ月を過ぎて
思うのは、本当にいろんなことの
「変化」であります。

それは、あるいは社会構造の再構築であり、
一人ひとりの人生観の再構築でもあり、
世代も地域も越えた共通の「ゼロスタート」
だと思うんですね。



当たり前とは一体何なのか。

普通とは・・・・。


そんな素朴な問いが日々
頭の中をかけています。

そうして、笑えること、泣けることは
増えても、ねたんだり、怒ったりする
気持ちは、不思議と少なくなってきました(笑)。
=本当かな〜=


なるようになるさ♪・・・・。
メリー・ホプキン「ケセラセラ」を。





天使がくれた時間」という映画
がありまして、ちょうどクリスマスのお話で、
大金持ちの社長だった主人公が、もう一つの人生を
垣間みるストーリーなんです。

印象的なシーンがありまして、
貧しいながらも家族と過ごす
幸せを感じる主人公は、ある日
スーパーに買い物へ。
そして
スーツ売り場で彼は
何十万もするスーツを
買おうとして、やめるんですね。
彼の葛藤、以前のお金持ちの立ち振る舞いと
その時点の庶民のそれを見事に表現したシーン
なんです。



貧しくとも凛として生きるべし。

そう思ったのであります(笑)。


明日も一日元気にいきましょうね。


ありがとうございます。






1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ