2011/12/13

絆なり・・・。  

清水寺の恒例「今年の一字」。

「絆だそうですね。



絆=1人と人とのつながり、また
馬などをつないでおく綱をさすとのこと。




前者の意味合いで解釈するならば、
恐らく多くの人たちが感じたであろう、
最もな一字ではないでしょうか。

震災という悲しい出来事によって
選ばれた文字でしようが、もっとこの国の、
いや世界どの国においても、人間の原点に
値する文字として考えたいものです。

経済大国だったこの国に「貧困」があるという現実。
雇用の調整弁なんていう寒々した言葉で
追いやられている非正規雇用の人たち、弱い立場の人たちを
従順な消費者として、また従順な労働力として
手足を縛ってきたのは一体誰なんでしょう。

=いつものおっさんの妄言にてご容赦ください=


それは、後者の「絆」を意味しているのかと
思うと、切なく、悲しくなります。


誰もが心を痛めることなく、
慎ましく日々を、生きようと願う。
そこに労りと、敬いと、慈しむ気持ちが
生まれ、数値化しない(できない)、
人としての幸せを感じられるのだと
思うんです。

絆の真意を確かめるのはこれからです・・・。










妄想ではなく(笑)、
カラオケは、
時代のリトマス試験紙=喩えが合ってない?=
かなと思う時があります。

以前も妄言しましたが、
人が歌うことができないような時代は
あってはならないと。
また歌うことで、一人ひとりが「今」を
確かめられて日常へ戻っていけると。

カラオケの魅力は健康増進・ストレス解消、
そしてくくりきれないプラスα効果が
いっぱいあるんです。

歌って皆さんが元気になることが、
巡り巡って人と人の「絆」を深めて
いけると信じております。



もうひとつ隊長の歌を。







明日も一日、元気にいきましょう。

ありがとうございます。



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ