2011/12/8

昭和・・・。  

昭和の京都、東大路三条界隈を発見・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

私の生まれたのは遠く北の街ですが、
この東大路三条によく似ていました。
市電の走る通りは賑わい、電線のせいか、
街が低く見えて、またときどき化粧した
車両が通っていたのを覚えております。

こちらには何度も書かせていただいたことと
思いますが、当時と今を比べると、便利さは
比較になりませんよね。
しかし、当時も、戦前に比べると便利になったね〜
といっていましたし、
=もちろん「こんな物があればもっといいのに」
なんていうのは、いいましたけど=
不満だらけかといえばそうでもない・・・。
今の時代からみれば、恐ろしく遠回りの生活
ながら、面白さがあったように思うのです。
記憶の美化を差し引いても、やはり、アナログ
時代の魅力は捨てきれません。




クリックすると元のサイズで表示します

こうしたイラストを見ているだけで
十分、喜んでました・・・。

クリックすると元のサイズで表示します




今秋のテーマだった京都サスペンス、
その原点は、昭和の中にちりばめられた
暮らしや文化、芸術など、
アナログ的視点から派生する
イマジネーションともいえるのでは・・・。

利便性の中に押し込められてしまった
「どきどき感」「わくわく感」
息を切らせて走った、あの驚きや感動。



どんな形でもいいので、
これから、探し出してみたいと
妄想する木曜の夜であります・・・。





隊長のうたを。





明日も一日、元気にいきましょう。

ありがとうございます。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ