2011/8/26

コラボの一考察・・・。  

こんなコラボはいかがでしょうか。




お箸でたべるパスタ?
フォークで食べるおそば?
ナイフとはしで食べる
トーフステーキ・・・。

いいですよね。




コラボレーションなる
言葉の飛び交わない頃は
和洋折衷、つまりは
和室のカーペット
畳敷のベット?
着物に山高帽・・・。


衣食住、更に文学、
芸術ともにその融合を
見て来たわけであります。


いずれが主体となるかは、
ときどきのお話でありまして、

根回し=nemawashi=や
おすし、忍者などはアメリカで
そのまま使われているそうです。






ウルトラマンやその他ヒーローものも
そのまま輸出されいて、
日本のアニメ文化は主力産業とのこと。

和洋折衷=洋和折衷=の百花繚乱となるや否や。


和製英語もまた然りですが、

ツイッターなる限られた文字で「つぶやく」
ネットのツールにおいては「どこどこ=何何ナウ」
と「今」どこにいるであるとか、何をしているという
表現=もう古いのかな(笑)=のように、
ナウは完全に折衷語に変化しております。


予備校時代のゴロで覚える英単語でいうなら、
鳥が目を出すほどすごい=トリメンダス=すごいや、
持って行く、連れて行く=TAKE=テイク。
というような準えての言葉遊びはありましたから、
現代おける話し言葉の外来語が変化するのも
理解に易いところであります・・・。


「さくらんぼ なう」というつぶやきが
さて、どのような進化をしていきますか。




最後は、ジュリーのTOKYOをそのままに
「お江戸」を。






どうぞ、皆様よい週末を。
さくらんぼでお待ちしております。


ありがとうごさいます。






0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ