2011/8/21

儚いからこそ・・・。  

今日は雨の一日でした。

雨は、季節を迎える「雨」と
「送る」雨がありますよね。

四季のある国の趣をいつまでも
大切にしたいものであります。


大切にしたいというのは、
もろく、儚いからこそ、
願うのでしょうか。

樹々草花ももちろん、
森羅万象、人の営みも
そういえるでしょう。

ゆえに「大切」にしたいんです。



そして大切にしたい気持ちが
強く、大きくなれば、きっと
第3の道=未来=が見えてくる
と信じています。

誰の命もみんな何者にもかえ難い
「大切」なものです。

当たり前の事をいうようですが、
もう一度言わせてください、

誰の命も本当にかけがえのない
尊いものです。









誰でも自分を消してしまいたいときや
自己嫌悪と疎外感にさいなまれることが
あると思います。

しかし、知らないうちに、人は人を支え、
また支えられていることを忘れないでください。

私ごときが僭越ですが、
今日の妄言をお許しください・・・。

行き詰まる私ら昭和中期世代も、若い世代も
そして諸先輩の皆さんたちも、
「大切にしたい」を共有していきましょう。
















四十にして迷わず・・・・。
五十にして天命を知る・・・。

その只中にあって、やはり
深い迷いと天命を知る術をもてない
自分がいるわけで・・・。


それでも明日は平等に来ます(笑)。

さあ、明日から一週間がんばっていきましょう。













ありがとうございます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ