2011/8/20

見えざるもの・・・。  

円高が戦後最高値を更新とのこと、
1ドル360円だった頃思うと
すごいことですよね。

経済にまったく疎い、小市民
の一人として、ただ思うのは、
市場経済の偏りや投機マネーが及ぼす
実生活への影響なんです。

資本家の方たちや既得権益階層の
人たちをどうこうしろなどと
は思いませんし、また言う資格もありません(笑)。

ただ、「見えない何か」によって
方向付けがなされて行く気がして
とても切ないのであります。

=経済の基礎も知らない人間が
いい加減なことを言うな=

お叱りは覚悟の妄言にて
ご容赦ください。




見えないもの。



例えば人間の行動・心理の
一因として経験や論理的裏付け
がなされない事象に対して
それを代入して
考える事が多々あります。

宝くじの当たりがよく出る店に並ぶ、
遠い寺社へお参りに行く。
後ろ髪をひかれる、良い・悪い予感
んがするetc・・・。

以前にも書かせていただきましたが、
自然に対して「畏敬の念」を持つこと、
言い換えれば「漆黒の闇」に対する
謙虚さを持つこと。それは
闇の中に潜む獣や自然の脅威に
熟慮し、いたずらに踏み入らない
勇気を表しています。

そういう意味において、
「見えないもの」は人間と自然の
バランスを整える役目、
あるいは我欲のブレーキであると
いえるのではないでしょうか。


ある原子力推進派の某大学教授が、
数年前のとある公聴会で、「我々科学者からみれば
原子炉の格納容器が損傷するということは
考えられないこと、プルトニウムは飲んでも
問題ない」というようなことを笑いを
浮かべて述べられておりました。

・・・・。



見えざるものへの畏敬の念とは、
どの時代になっても、決して
忘れていならないと思います。







以前ご紹介のこの曲をもう一度。







暗闇があるからこそ、
小さな灯火の尊さは
わかるんだと
妄言しまくるおっさん
であります・・・。



師匠への敬意を表した?一曲を。






明日も一日元気にいきましょう。

ありがとうございます。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ