2011/8/6

8月の回帰考・・・。  

今日もしっかり30度をこえて、
怠惰な身体は意味なく肥えて、
気持ちは「19のまま」なれど、
見た目は実年齢をこえて・・・。

こえていく、ああ、こえていく、こえていく。



ということで、
8月のまっ只中でございます。


8月になりますと、終戦を迎えた
焦土を想わずにはいられません。

何もないところから始まった戦後。

私たちの少年時代には、語り部たる
大人たちがおりましたから、
ある意味では「継承」の責任がある
世代だと思いますが・・・。

如何せん、私のような愚なる「おっさん」
がいることで、その役割が機能していない
ことを露呈しまうわけであります。


ですから、夏休みのわくわく感と同時に
終戦ということの、絶対的なイメージがある。
それが8月なんです。



浜田省吾「八月の歌」を。







立ち止まり、歩んで来た道を振り返る。

もし、時代がそれを示しているなら、
臆せず、そうしたいと考えるのであります・・・。



ジョーちゃん「青い目のステラ1962年夏」を。







皆さん、良い日曜日を!


ありがとうございます。






1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ