2011/7/5

夏の・・・。  

短冊に願いを書いている親子の姿に
「あ〜七夕ですか」と、時節に疎い自分に
反省しきりの午後。


夏の風物詩。


以前にも書かせていただきましたが、
夕方、縁台、ステテコにうちわ。
蚊取り線香に、瓶ビールと枝豆、
ラジオの野球中継・・・・。
完成度の高い(笑)妄想劇は
必ずや共感いただけるものと
信じております(笑)。
(ですよね、長野さん)



ちょっと趣をかえて、ご紹介を。
興味のある方はどうぞ。









いつの間にか、夏を楽しむことより、
乗り切ることに躍起なってしまい、
夏の風情が見えなくなっている自分
がいます。

しかし、黄昏時を軸に見直して
みたら、刹那の「趣き」はたくさん
あるわけでして、楽しむ気持ちを
もう一度呼び覚ましてみたいと
思います。



大滝詠一「夏のリビエラ」を。










でも不思議ですよね。
暑いですねと挨拶を交わすだけで、
何か、気持ちが軽くなってくるようで。
そうして意識する、しないは別にして
人はやっぱり人のなかで生きている
んだなと痛感するのでございます。


マイナス感情の連鎖を自分から止めてみる、
プラス感情の連鎖を起こしてみる・・・。

CMじゃないですが、
ありがとう、大丈夫ですかなんていう
短い言葉の持つ力は、本当にすばらしい
ものです。



夏の風物詩に「今日も暑いですね」「気をつけてどうぞ」
というやりとりも付け加えておきましょう・・・。


ブレッド&バター「夏の音符」を。






さあ、明日も一日がんばっていきましょう。

ありがとうございます。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ