2011/4/26

心の動きをどうみるか・・・。  

シンディローパー
タイムアフタータイムを。






今日の天気と向合い、
その「機嫌」を気にして、

人と向合い、
その「一期一会」に
想いをいだき、

自分と向合い、
その不確かさ、
弱さに、ため息し、

時間と向合い、
そのはかなさに
一喜一憂する・・・。


心の動き方なんでしょうか。


私などは、
自分にあまく、
すぐに弱音ばかりを
はいてしまいます。

自分の心のあり様が
かくも「貧」なること、
絶望に資するという
思いです。


それでも、
人によって助けられ、
ぎりぎり「人」で
いさせてもらっている
気持ちなんですね(泣=笑)



「がんばって」という言葉の
功罪をいくつかのメディアが
取り上げております。
これは阪神大震災のときにも
同じだったとお思います。


「これ以上、何をがんばるの?」

というお気持ちを持たれる方たちも
居ります。

でも、「がんばって」という言葉。
いたずらにさげすむような言葉では
ないと信じています。

心の動きが、ときに
功罪のどちらにも傾く
ということなのでしょうか。





四人囃子「空と雲」から。(1974)





明日も一日
がんばっていきましょう。


ありがとうございます。






2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ