2011/2/2

ギャップの一考察・・・  

今日は日中10°近く気温があがりましたね。

この寒暖の差は、
週末にかけてもっと
はっきりするとの予報も。


とはいえ、何事も急激な変化は
あまり体にはよくないようです。

いえいえ、政治の話ではありませんよ(笑)。


しかし、温度の場合もそうですが、
こと、人間の感情というものは、
喜怒哀楽、歓喜悲哀、悲喜交々etc・・・。

とにかく一つの極端な感情は、
その反対の効果あるいは表現に
陥ることが多々るわけであります。


例えば、まったく知らない方の葬儀などで、
読経するご住職の頭にハエでも止まろうものなら、
普段、何でもないのに極度の緊張状態が故に、
笑いの虫が騒ぎだす・・・。

あまりよろしくない例えを
お詫び申し上げます。


でも、そうして、すべて両極に偏らない、
精神のバランスが
実は大切だと思うのです。
すべての記憶が鮮明に残るなら、
人は悲しみと、後悔とあるいは憎しみと、
負の感情から立ち上がれなくなるでしょう。

不謹慎なことを助長しているのでは
ありません。

適度な忘却と感情の振幅は
人としての営みに不可欠な
エッセンスだと思う訳であります。






予算委員会、政倫審なんかに
このコスチュームで
登場したら・・・。

爆笑の「ギャッブ」ですね。




竹内力の「魁ミッドナイト」を。



ギャップありますね・・・。


もう一つ。




いかがでしょうか!


最後は、旭の一曲を。

これ、政局をにらんだあの方も歌っていたりして。






明日もがんばっていきましょう。

ありがとうございます。





3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ