2011/2/18

皆さんよい週末を・・・  黄昏音紀行

ここ数日、大変失礼致しました!

O様、ご心配いただき、
申し訳ございません。

体は大丈夫であります。

慢性健忘症と、先天性金欠病、
及び四十肩ならぬ
「苦渋過多」を持ち合わせており、

難儀をいたしておる次第です。



先日のNHKの特集で「無縁社会」
をテーマにディスカッション
していたのですが、

経済的問題に関わる「無縁」と
そうではない「無縁」とに
大別されていたように思います。


前者は非正規雇用など、
終身雇用ではなくなった
ことへの不安からでしょうか。
また後者は「人間関係」の
希薄さが生んだ「孤族」化
した結果なのでしょうか。

いずれにせよ、新しい
コミュニティのあり方を
世代を越えて考えていかなくては
ならないと思うのですが・・・。







自戒の意味を込めて・・・・








まだまだ現役ばりばりの
フュージョンバンド・パラシュート「AGATHA」を。




弦が切れても
イケイケ!






難局を打開するパワーを
いつも皆さんからいただき、

心から御礼申し上げます。

皆さんどうぞ、よい週末を!

さくらんぼで待ってます!







7

2011/2/15

雪から一転・・・  

今日は、昨夜の雪もとけて、
(といっても残片はあちらこちらで
みられましたが)
春へまた一歩近づいたような
一日でした。

わけあって今日は
ほとんど病院に
おりましたが、

外来の多さと、
何時間も待たされて
診察は1〜3分。

京都府の中では
恵まれている南部では
ありますが、

窓口負担と診察や検査の
煩雑さは、やはり
解決すべき課題なのではと
思った次第です。

また、この時代は、
患者が「素人」ではいけない、
そんな世の中なんだとも
痛感しています。

事務的(にならざるを得ない)対応
に対して、こちらは事前情報や経緯、
その他本来は医師の範疇と思うような
ところまで、できる限りの「玄人」
として向合わなくては、
不測の事態にこたえられないと
思うのであります。

医師との信頼関係が
できているケースは
また違うのでしょう。
一般論として、
私の拙いながら
遠距離介護の経験をしたこと
からもそう思うのです。



とにかく、
人と人との関係、
その再構築が
何よりも必要だと
いうことでしょうか・・・。


三好鉄生「涙をふいて」を。
(途中まで)





ピーターポール&マリー「Puff the Magic Dragon」を。





では明日もがんばっていきましょう。

ありがとうございます。

2

2011/2/14

春うらら・・・?  

なんと言いますか、
雪景色であります。

今の私の諸事情に酷似する
「厳寒」の春。


クリックすると元のサイズで表示します


明日お出かけの際は、お車の方はもちろん、
皆さんともお足下に注意してくだい。


1976年、田山雅充の「春うらら」を。





一面の雪景色とダークグレーの
天をみるにつけ、
自己嫌悪と、焦燥感、
また無力感と、孤独感が。

情けない話であります・・・。



そんな私事なんて
どうでもいいんですが、
=じゃ〜書くなよ(笑)=

ダークグレーの情景、
古い映画のようで、
きらいではないわけであります・・・。


というわけで、

1974年TVドラマ
「寺内貫太郎一家」の挿入唄
「北へ帰ろう」を。







そしてこのシーン。




さあ、明日もがんばっていきましょう。

ありがとうございます。











2

2011/2/12

今日は雨の黄昏・・・  

今日は冷たい雨の土曜日でしたね。

鈍色の午後は「ブルース」がいいんです。


というわけで、ブルースハープが
渋いポールバターフィールドの
「St. James Infirmary」を。





生来、ひねくれ者の私は、
低く立ちこめた
鈍色の空もすきなんです。


例えば、それは土曜日の午後3時など、
仕事の合間に小説の頁をめくる。
言葉は、いつもより心に響き、
雲間にうかがえる、「陽」は
明日への勇気となって安堵をくれる。


雨・・・。

雨といえば、勝手に
流れ出すこの曲を・・・。







40年以上、「雨」がふると
口ずさんでいます(笑)。
皆さんもそうですよね!(笑)。



ではもうひとつ。
湯原昌幸「 雨のバラード」を。

出だしの重厚感はまさに「昭和」です。





これは、オイルショックやら
浅間山荘やらと
記憶が重なる一曲です。


というわけで、

明日も元気にいきましょう。

ありがとうございます。

O様、いつもコメント
ありがとうございます!






4

2011/2/11

雪の休日いかがでしたか・・・。  

今日は午前中を中心に
積雪をみることができましたね。

午後は晴れてきましたが、

仕事で北部に走ったので、
こんな黄昏をみたわけであります。

クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します

歩いていると顔が冷たくて、
風が吹くたびに「涙目」になるくらいでしたが、
春が近いことを感じることも
できました。



雪をかいて、道を確保する、
薪を用意して、かまどをおこす、
不便と思う中には、
それ以上の贅沢な時間があったり、
五感に響く四季があったりと、
ときどきは、原点にもどることを
忘れないようにしたいです。


高倉健主演の映画
「鉄道員(ぽっぽや)」から。





さあ、明日は土曜日です。
元気にすごしましょう。

ありがとうございます。

4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ