2010/9/30

あざみの如く棘あれば  黄昏音紀行




本日もうひとつ、茶木みやこさんの「あざみの如く棘あれば」を。


このうたをきくと、古谷一行さんの金田一探偵が甦ります。

黄昏があう一曲です。

ありがとうございます。
11

2010/9/30

新宿レイニーナイト  黄昏音紀行





1985年から5年間活動した「竜童組」の
バラード・新宿レイニーナイトを。

宇崎竜童さんが「和」をベースに結成した異色のロックバンドで、
自身が大きな和太鼓をたたき、またトランペットを奏でながらの
迫力あるステージはとても印象的でした。

エンヤトットにカッポレもロックだと感じた
大好きなバンドであります。


80年代・・・・
時代はバブルへと進むのでした・・・・。


明日もがんばっていきましょう。


ありがとうございます!


8

2010/9/29

テレフォンノイローゼ  



1976年甲斐バンドの「テレフォンノイローゼ」です。



甲斐バンドはその独特な世界観が魅力で、
音の言い回しがいいんですよね。


携帯とパソコンでメールが普及した今

この曲のような悩みはないでしょうけど(笑)。

ちなみに今でもときどき、夢の中で
電話をかけているシーンがあるのですが、
ダイヤル式で、何度まわしても間違えて
上手くかけられないという、何か暗示のような
疲れる夢をこの年になっても見ます。


明日もがんばっていきましょう!



5

2010/9/29

いつか転機は来る・・・  黄昏音紀行



1963年サムクックの「アチェンジイズゴナカム」という曲を・・・。


I was born by the river in a little tent
Oh and just like the river I've been running ever since
It's been a long, a long time coming
But I know a change gonna come, oh yes it will ・・・・・


転機はきっと来るという
リズムアンドブルースの心地よさと、
歌詞の切なさが子ども心にも響いた曲です。

ハリーベフォンテの名曲「バナナボート」(古いな〜)
も「♪今日はどれただけバナナを積んだらいいんだい旦那」
という感じの様々な問題提起を含んだ歌でしたよね。


たまにこんな感じはいかがでしょうか。


ありがとうございます。



2

2010/9/28

いつか街で会ったなら・・・  黄昏音紀行




今日は1975年「いつか街で会ったなら」という曲を・・・。

TVドラマ「俺たちの勲章」の挿入歌として
主演の中村雅俊さんがうたっていた
と記憶しております。
同じく主演の松田優作さんと対照的な刑事役が
好きでした。

この曲も拓郎節がちりばめられ
今聴いても好きな一曲です。


本当に風のように過ぎて行く毎日、
それぞれの人生をみんな
精一杯に生きているんですよね。

ただ今日一日を。


秋は自然と感傷的になる(おじさんも?)
もんで、すみません。
(長野さんもそうですよね?)


さあ、明日も一日がんばって
いきましょう!


いつもありがとうございます。


☆長野様今度さくらんぼで、
「黄昏音紀行」のオフ会
しましょうか(笑)
昭和ネタ噴出でしょうね。


5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ