2010/8/22

黄昏から夜へ・・・  黄昏音紀行




1963年発売の「ワシントン広場の夜は更けて」から。

ステレオのレコードプレーヤーなんていう高価なものではなく、
持ち運びできるポータブルプレーヤーが
身近な存在だったの当時に、
よく聴こえてきた曲です。

同じフレーズの繰り返しなんですが、
なぜか心ひかれていたのでしょう。
今も耳に残っているんですね。

おなかをいつも空かせていた幼少期の
「黄昏音紀行」でした・・・。




2

2010/8/21

数十秒のドラマはありますね。  黄昏音紀行



これも懐かしいサントリーのCMから。

このシリーズは完成度の高いショートムービー
のようで、台詞、音楽とロケーションともに
心に響きました。


何か、黄昏という時間はすべての人を主人公にしてくれる、
そして見えないエンドールが流れて、
今日を締めくくっていれるの、そんな感じがしませんか。


どうぞ、明日もよろしくお願い致します。


0

2010/8/20

金曜ロードショー・・・  




いや〜映画って本当にいいもんですね・・・・。


と水野さんの解説が目に浮かびます。

このオープニングのシーンがとても好きでした。
夕日の中で海と人がとけてしまうような、
またトランペットがいいんですよね。


今日はこんな感じでいかがでしょうか。

ありがとうございます。
3

2010/8/19

私だけの十字架  黄昏音紀行




1977年から10年にわたって放送された
刑事ドラマ「特捜最前線」のテーマ曲。

今私塾のCMでアフレコされたシーンを
みますが、このドラマは人間描写がすばらしく、
「泣ける」方も多いと思います。


夕日に響くクロードチアリさんのギターと歌声は
今も新鮮にうつります・・・。


ありがとうございます。
1

2010/8/18

そんな午後ならば・・・  黄昏音紀行



1976年放送のドラマ
「気まぐれ天使」のテーマ曲を。


大原麗子さんと石立鉄男さんの
かけあいが魅力でしたね。


このタイトルのイラストと大野雄二さんの
音楽がとても切ない感じがします。



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ