2008/6/11

大盛況のライブでした。  

7日のきくちさんのライブは、天候にも恵まれ、宵の境内に響き渡る癒しの名曲で
綴られた素敵なライブでした。

悲しい事件、事故があまりにも多い現在、きくちさんが一人ひとりの心に
呼びかけるメッセージがとてもあたたかく、そして強く伝わってきます。
「泣いてごらん」という曲をきいてハンカチをもった方もおられましたが、
私もこの曲は大好きです。

〜泣きたいとき 泣いてごらん 溢れる涙が
君の心を洗い流す

泣きたいとき 泣いてごらん
意地など張らずに
誰もそんなに 強くはないさ〜

誰の心にも光と暗闇はあると思います。
切なくてどうしようもないときがあると思います。
でも、たったひとつの光が闇を照らして、
もう一度がんばれるきっかけになると思うのです。
それは友達かもしれません、もちろん家族かもしれません、また草花や曲の一節かもしれません。
明日の出逢いかもしれません。

きくちさんの歌には、そんな誰の心にもやさしさを紡ぐ不思議な力がありますよね。

次回のライブもまた応援したいと思います。

ありがとうございました。





クリックすると元のサイズで表示します
〜4月のライブより〜
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ