2008/1/28

あらためて感謝  

雪こそ降ってませんが、今日も一日寒かったですね。週末、小雪舞う寒さにも関わらず大勢のお客様にご来店頂きました。あらためて御礼申し上げます。
ところで、先日、萬福寺さんであのきくち寛様にお会いさせて頂いたこと、今思っても夢のようでありますが、昨年春、ライブの折、初めてお目にかからせて頂いて以来ですが、私のような者でも、ちゃんと憶えておられて・・・、御無沙汰を心の中でお詫び申し上げ、また、感謝と感激で思わず合掌・・・。(笑)
また、萬福寺和尚の住谷様、お初にお目にかかれ光栄でした。ちゃんと御挨拶もできず本当に失礼いたしました。この場をお借りしお詫びとお礼とを・・・。有り難うございました。
そして、カメラマンのかとう様、お会いさせて頂き有り難く思います。早速、葛西様よりお写真を拝領いたしました。これからも何かとお世話になると思いますが何卒宜しくお願いします。(笑)
きくち様、皆々様、重ね重ね有り難うございました。合掌
4月8日、萬福寺ライブ。是非、一人でも多くの方にアーティスト「きくち寛」の素晴らしい世界を・・・。宜しくお願いいたします。ありがとうございます。
追伸、葛西様本当にありがとうございました。クリックすると元のサイズで表示します

0

2008/1/22

感激のひととき  

終日、いつ雪が舞ってもおかしくない程の寒さ・・・。しかし、このような寒空の下でありながら、心温まる、いや熱くさせられるひとときを頂くことができました。いつもいろいろお世話になっている葛西さん、かとうさん、そして、きくちさんにお会いさせて頂くことができたのです。しかも、黄檗山の執事の住谷さんに万福寺を丁寧にご案内頂き・・・。皆様、あらためて本当にありがとうございました。未だに興奮感激冷めやらずという感じです。何もお役に立てませんが、今後とも何卒宜しくお願いいたします。ありがとうございます。クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/1/18

雪・・・  

京都市内、終日みぞれ混じりの雪が・・・。ところで、京の冬も、温暖化の影響からか、絵はがきなどにあるような雪化粧の姿を見られることは珍しくなりつつある・・・。そんなことを思うと、寒さに身を震わせつつも、なんとなく愛おしく思えてきたりも・・・。
「春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪さえてすずしかりけり」道元
「捨て果てて 身は無きものと思えども 雪の降る日は寒くこそあれ。西行
 花の降る日はうれしこそすれ。芭蕉」
移ろい行く四季の美しさ・・・。生じてはまた枯れて、起こってはまた滅んで・・・。森羅万象、諸行無常。世俗もまたしかり・・・。過夏、五山の送り火ももはや燃え尽きようという中、ある宗教学者だったか、「常なるものは何も無いと言う諦観、しかし、日本人の無常観は必ずしも、暗く悲しいものばかりでは無いと・・・。季節はいずれ去って、人の命もまたしかり。しかし、四季は巡り、生命もまた、輪廻し、いずれまたどこかで巡り逢えると・・・。過ぎ去りしものを省み顧み、自然や祖先に感謝する心。そんな、庶民の素朴な信仰や願いとが、送り火となって京の夏の夜空を焦がすのだと・・・。
いずれにしても、雪の降る日はやはり寒いです・・・。(笑)        合掌クリックすると元のサイズで表示します

0

2008/1/5

みなさん いつもありがとう  

何気なく聴いているBGMのラジオから、「明日は暖かく3月並の陽気になり、絶好の行楽日和になるでしょう。」・・・と。私は一瞬我が耳を疑いました。年末からずっと厳しい寒さ続いていて、いきなり行楽日和と言われましても俄に信じ難いのは私だけではないでしょう。(笑)ところで、昨日は懐かしいお客様が大勢来て頂きました。10年の月日はあっという間に過ぎ、いつの間にか皆様立派に成人されて・・・。中には阪神で活躍中の赤松選手も・・・。皆様本当にありがとうございます。クリックすると元のサイズで表示します
1

2008/1/3

あけましておめでとうございます  

年末の慌ただしさの中に、気がつけばいつの間にか2008年の幕開け。毎年の事とはいえ少々あっけない新年の始まりのおっちゃんです(笑)。いずれにしましても、皆様にご愛顧いただきお陰様でさくらんぼも新年を迎えることができました。心より御礼申し上げます。皆様にとってよい年になりますようにお祈り申し上げます。ありがとうございます。
 -3  -2  -1 文字サイズ  +1  +2  +3 文字色 青 赤 黄 緑
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ