2016/11/27

笑って、泣いての秋がいく・・・。  

よく、喩えに使われる泣き笑い。

ひさが笑い、肩が泣いて、
目の奥が笑ってない・・・。



そんな
喜怒哀楽のひとつ一つが、
暮らしの中にちりばめられて
いるのでしょうね。



今日は、何に笑って、
何に泣いたでしょう・・・。










唄の世界は、
心を豊かにする喩えが
たくさんあります。
皆さんの好きな唄を
さくらんぼでどうぞ。



来週も
元気にいきましょう。



ありがとうございます。



0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ