●詠み:【冬扇】 椙杜親水   ●撮り:【堂仙 Kit.】 ●奏で:古典尺八:【虚堂】古代ぶえ「天吹」:【竹酔庵 龍孫】

 

龍生祭=竹酔日 「ケサパサ」御開帳  不思議な生命体【けせらん♂ぱさらん♀】

『龍生祭』=旧暦5月13日=年に1度だけ御開帳

YouYubeでは、初の動画でのお目見えということになります。
寿命数百年といわれる、先祖伝来の大変珍しい謎の稀少生命体=宇宙からの贈り物=です。
龍孫は30年に亘って動・植物性「けせらん・ぱさらん」と付き合ってきています。これが、ホンモノと思われるの考察・証拠があります。多くの資料や分裂増殖の記録写真など­、一部をブログでも公開してきました。勿論、ご先祖様の言い伝えに従って一年に一度だけの"御開帳"のあと、現在も桐箱のなかで、餌?のオシロイとともに大切に保管されてきています。
NETでの「けせらん・ぱさらん」デビュー・・・。
今後の情報は、必見!!!
By Dohsen.Kit.= 写真家・堂仙:映像ハンター≒「民俗学者」龍孫としての伝承・・・。
taktok9 さんが 2011/06/14 にアップロード

『龍生祭』=旧暦5月13日=年に1度だけ御開帳
動物性「ケセラン・パサラン」=♂&♀、そして、赤子が育っていたのは、大変オドロキです。分裂&増殖ということなのかも知れません。ケセラン・パサラン=通称?「けさら­んぱさらん」とか「てんさらばさら」とか呼ばれている謎の稀少生命体=宇宙からの贈り物=です。 動物性の毛玉様のものなどは〔本物の映像〕すらも、全国でもほんの数例しかありません。「へいさらばさら」もあるという。ホンモノのみを「けせらん・ぱさらん」としたいの­であえて、この様な呼び名と(過去にもこの呼び名は古くから事例があるようです)なりました。雌雄があったという 新!学説。寿命数百年といわれる、先祖伝来の大変珍しい謎の稀少生命体なのです。

けせらんぱさらん=(動物性)御開帳
:By竹酔庵 龍孫 6の1 MVI_1241.AVI

taktok9 さんが 2011/06/14 にアップロード
ケセラン・パサラン【龍生祭】御開帳
:2011年6月15日〔竹酔日)=6の2

http://youtu.be/hcCkiTXTU_g

カテゴリ:
ペットと動物

タグ:
けせらんぱさらん 動物性 けさぱさ 謎の稀少生命体 餌?のオシロイ 先祖伝来
ライセンス:

 続ぞく情報  クリック


 

「ケサランパサラン」=現況=2008年「龍生祭」  不思議な生命体【けせらん♂ぱさらん♀】

竹酔日は旧暦の5月13日のことで、今年2008年は6月16日にあたりましたが・・

今年も「龍生祭」は
自宅「竹酔庵」にて
密やかに祭りました。


これは、NET=Myブログにのみ公開の「ケセラン・パサラン」貴重な映像です。
クリックすると元のサイズで表示します
 photo.by 堂仙 Kit. 

分裂・増殖中の「ケセラン・パサラン」の様子
手前はの「パサラン」の一部分の映像です。

クリックすると元のサイズで表示します
 photo.by 堂仙 Kit. 


昨年の映像と観比べてみてください。
どのように変化していたでしょうか。。


http://happy.ap.teacup.com/applet/ryuson/msgcate9/archive



続きを読む

 

「けせらん・ぱさらん」 =今年も分裂・増殖  不思議な生命体【けせらん♂ぱさらん♀】

「けさらんぱさらん」
=本物の呼び名を、区別するために・・
特に「ケセラン・パサラン」としたい。(正式名)
  ケセラン♂ パサラン♀

今年も元気に生存していたばかりでなく・・
小さな2固体(というより2毛体)!!
増えていたのには大変驚きました。。


今後の成長が楽しみですが・・
果たして来年はどのような姿に変身しているのでしょうか?


「けせらん・ぱさらん」 =分裂・増殖
投稿者:孫隆 投稿日:2007年 6月28日(木)08時40分4秒 softbank221074130204.bbtec.net   返信・引用

「けせらん・ぱさらん 御開帳」=分裂・増殖
投稿者:堂仙 投稿日:2007年 6月28日(木)08時19分56秒
2007/6/28
「けせらん・ぱさらん 御開帳」  
刹那の映像=スナップ・ショット

年にたった1度だけ・・
「ケセラン・パサラン」が昨日
「龍生日」に竹酔庵で公開されました。。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
photo.by 堂仙 Kit.


クリックすると元のサイズで表示します
写真
左下方に僅かにみえる毛の塊
=かなり長い毛も数本みられます。。
散らかっているようなこれらの毛がだんだんに
タマ状にまとまって・・
毛玉様の「ケセラン・パサラン」になってゆくのが、
数年前に確認されていて、現在も成長中なのです。。

近くで、日々流されている音=ふえ「天吹」
渦状・弾性波動の影響も、
じゅうぶんに考えられます = 【波動事象学】考察 より

http://sky.ap.teacup.com/sonryu/ も参照

以上の記事は特別に編入しました。

 

本物のけさらんぱさらん=「けせらん・ぱさらん」は?ココに!  不思議な生命体【けせらん♂ぱさらん♀】


あの「ケセランパサラン」 =(てんさらばさら)
特許=第15575『毬状体の製作法』(S.54申請)は
既に(阿蘇和夫氏)登録済みでした。。シマッタ!(笑

あの製品?=「てんさらばさら」=「ヘイサラバサラ」=
 
アチラ=生命体ではありません。
コチラ=生命体のようなのです。


本物のけさらんぱさらん=「けせらん・ぱさらん」はコレ!
1900年ごろ撮影のモノクロ写真ですが・・
分裂増殖した記録=貴重な映像=

〈映像移動〉

 photo.by 堂仙 Kit.

「けせらん・ぱさらん」カラー映像は・・
*************
写真作家 =堂仙= の記憶ノート

http://8407.teacup.com/ryuson/bbs
こちらでも参照できます。
 パスワードが必要です。

厳然とココに御座します。。
昔も今も・・分裂・増殖中なのです!!!
この”動物タイプ”の毛玉「けせらん・ぱさらん」
全国に2〜3例(写真が公開されているのは2例目)という
ホンモノは、極めて稀種なのです。



年に一度の公開日=龍生日(竹酔日)は
・・。
旧暦2007/平成19
 05/13(大安)

新暦2007/平成19
 06/27(水曜)

公開場所は現在のところ不明。。


あらら・・結婚式 と ダブりそう  
 



 

巨大鉱物「けさらんぱさらん」A  不思議な生命体【けせらん♂ぱさらん♀】

  
 なにがなんだかさっぱりわからん=けさらんぱさらん

こんな思いでこの情景を観たのは椙杜だけではなかった筈

クリックすると元のサイズで表示します 
 昔むかし屋久島「屋久杉ランド」での出来事でした。 

 

巨大鉱物「けさらんぱさらん」  不思議な生命体【けせらん♂ぱさらん♀】


地震だか台風だかの時、崖から突如出現したものです。
巨大岩石「けさらんぱさらん」=鉱物性=
と何故かこのときに確信したものでした。

  なにがなんだかさっぱりわからん=けさらんぱさらん

クリックすると元のサイズで表示します
 「屋久杉ランド」にて撮影 [情報環境研究所]提供

 

殖えた「けさぱさ」="健康波動”= 新学説  不思議な生命体【けせらん♂ぱさらん♀】

こんなに増えちゃった「けさらん・ぱさらん」ですが・・・

蝶の数え方は1頭・2頭?一匹・2匹?それとも1羽2羽?
「トンボ」は?
「ウサギ」は一羽・2羽?
「イカ」は1杯・2杯?
とか、数えたりしますよね。

それでは・・・「けさらん・ぱさらん」は?・・・
いったい数はどの様に数えたらいいのだろうか?

個人的な見解では「宇宙人」=エイリアン=の仲間だと思っているのですが。。

動物性・植物性・昆虫製?・・・
 鉱物性?!というのもあったりして!

〈画像移動〉
  photo.by dohsen Kit.   1996.9.29

ネコも"まるまる波動”を受けて丸まっちゃうのも面白い。
 
我が家の「けさらんぱさらん」はネコの「ごろごろ・・・ごろごろ」 が大好き。。。


http://www.youtube.com/watch?v=z2PaqW9UVWU


これは、もちろん人にも植物にも効く"健康波動”なのです。

これ【波動事象学】=研究主幹龍孫の未発表”新学説”

久しぶりの「けさらん・ぱさらん」のお出ましだい!
 

 

ホンモノのけせらん・ぱさらん  不思議な生命体【けせらん♂ぱさらん♀】

コメント 龍孫2006/8/13 0:27で、たけさき様にお約束の写真

写真をご覧になってこの様なやつを見つけてくださいね。
動物性(毛ん玉)の写真=とても貴重なもので、これが初公開になります。  ○今年の【龍生祭】に写したものです。
この写真="ホンモノ動・植物性「けせらん・ぱさらん」”です。 

〈画像移動〉

 動物性(毛ん玉)は稀少ですが、植物性のものは(写真下部)、見つけられるケースが多いです。もし、付近に枇杷の木があれば期待できます。

 

「けさらんぱさらん」そのA  不思議な生命体【けせらん♂ぱさらん♀】

 この謎の生命体は通称?「けさらんぱさらん」とか「てんさらばさら」とか呼ばれている。「へいさらばさら」もあるという。ホンモノのみを「けせらん・ぱさらん」としたいのであえて、この様な呼び名と(過去にもこの呼び名は古くから事例があるようです)なりました。。。
何故 「・・・ん・ぱ・・・」のあいだに・が入るのかと言えば、
実は、オス・メスということなのです。
これは雌雄があったという 新!学説
なんと!分裂増殖そして、コドモが生まれ育っているという過去の事例も、ここにあるというのは凄いことなのです!恐らく世にほとんど知られていません。研究プロジェクトチームが、30年来マスコミ等の一般公開を拒んできたからなのです。
中には、所謂ニセモノ?と呼んでいいものか?。。。のたぐいが紛れ込んでいるため、あえて 「けせらん・ぱさらん」という名をホンモノに採用しています。

〈画像移動〉

この♂♀写真などの[公開情報]↑を知ったら
ひったまげて、眼を剥くに違いありません。 
 

 

けさらんぱさらん 初デビュー!  不思議な生命体【けせらん♂ぱさらん♀】


  「けせらん・ぱさらん」の「ぱさらん」君
NETでは初のお目見えということになります。寿命数百年といわれる、先祖伝来の大変珍しい謎の稀少生命体=宇宙からの贈り物=です。
年に一度『龍生祭』=でのご開帳となりますが、この竹酔日(龍生日とも呼ばれます)は旧歴5月13日。14周年を迎え、今年も、龍孫=古神道神官=主催ということで、ひっそりと少人数を御招待して、
愚庵=「竹酔庵」=[天吹工房]
で祀りました。
3年連続の人が若干2名程という位、ここの「けせらん・ぱさらん」に御目文字がかなうことは至難の業ということになります。なかなか拝観できるということはないのです。これまでの拝観者合計でも、100人に満たないと思います。(この10年来の研究プロジェクトは全国に現在80名ほど)今も募集中!研究員にはそれぞれNo.が授与されております。その名簿は、プロジェクトNo.0号の椙杜親水という人が金庫に厳重に管理しています。
植物性と動物性のタイプがありますが、特に動物性の毛玉様のものなどは〔本物の映像〕すらも、全国でもほんの数例しかありません。植物性とか他のタイプは、全国にはかなりあるそうです。鹿児島では、知り得ている限りでは鹿屋に1例ある(西君江著:ケサランパサラン日記より)ということです。これは、まだ現物を確認していません。

*************************
ケサランパサランは東北地方を中心に江戸時代から現代に至るまで語り継がれてきた謎の生物で、箪笥の奥にしまっておくとその家に幸福ををもたらすとされています。年に一度しか観てはいけないようです。
*************************

今日はここまで。。。

龍孫は30年に亘って動・植物性「けせらん・ぱさらん」と付き合ってきています。これが、ホンモノと思われるの考察・証拠があります。多くの資料や分裂増殖の記録写真もあります。
勿論、現在も桐箱のなかでオシロイとともに大切に保管されています。
「けせらん・ぱさらん」今後の詳細情報は、必見!!!

〈画像移動〉

年に1度だけ『龍生祭』=旧暦5月13日=御開帳



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ