●詠み:【冬扇】 椙杜親水   ●撮り:【堂仙 Kit.】 ●奏で:古典尺八:【虚堂】古代ぶえ「天吹」:【竹酔庵 龍孫】

 

祭り・バンド演奏  イベント 祭 出来事


「蒲生夏まつり」でトップに演奏の若者バンド!『ろくげん』アマチュアバンドだそうで。。。向かって左が愚息。。。
沢田研二の曲とか、オリジナル曲「蒲生に帰って来い若者たち・・・」だっけ???「故郷(ふるさと)」だった。失礼!

お父さんも実はむか〜し昔、中学生の頃に「東京・日比谷公会堂」で演奏したよ!東京5学区代表「ブラスバンド」でね。
証拠写真?  きっと探し出して後で貼り付けるから。。。

 クリックすると元のサイズで表示します 
  

 

祭りだ!花火だ!!!  イベント 祭 出来事

これはお隣「祁答院」の祭り「いむた池」での花火(8/7)
定番ナイアガラでした。 なんか変なカップルが。。。

 クリックすると元のサイズで表示します

 

日比谷公会堂で演奏の写真  イベント 祭 出来事

おまたせしました! 証拠 アルバム です。

セガレよ。。。『ろくげん』アマチュアバンド  きばれ!

クリックすると元のサイズで表示します

東京都小・中学校音楽会 〜日比谷公会堂〜とコピーが
ご丁寧にも写真にプリントしてあったから嬉しいね!
=この中に若き日の○○が。。。これ〜が何より証拠でしょ!  

 


今日はお日柄も良く?
♪ミー君の父母の墓参りですo(^^o)(o^^)o・
ついでに阿久根の♪例の[ひのき露天風呂]ナ


携帯電話からの初投稿【テスト】成功!

 

墓参=”廃仏希釈”の蓮華寺跡  イベント 祭 出来事

墓参[携帯メール送信画像]


クリックすると元のサイズで表示します

携帯撮影画像送信テスト  @ 受信成功!

 [瑞香山 蓮華寺]について
この寺も、ご他聞に漏れず明治3年に廃寺となった。
寺の縁起は、創建:応永5年(1398)というから室町時代と、大変な古刹ということで、かつては北薩の名刹として、波留の菩提所の伊集院「廣済寺」の末寺で禅寺=臨済宗=であった。
文明(足利時代)・文化・文政・天保(徳川時代)などの建立時代が墓碑に刻まれた墓石が新しい墓の脇のそちこちに半ば埋もれているのを目にする。中央に楠?の古木がデン!と鎮座している。
開山は高標(こうしょう)和尚であったが、後に薩州島津(二代目?)国久のときに南渓和尚によって再興された寺であるという。
現在は?といえば、廃仏毀釈以後の明治時代中ごろ、「浄土真宗」のみが許され、鹿児島ではほとんど全部が親鸞聖人の説く『なむあみだぶつ』ということになった。
鹿児島だけでも少なく見積もっても2000人以上に及ぶリストラ坊主が出て、パ二クッタことであろうとおもわれる。この寺も例外ではないと思うが。。。
珍しく広大な寺院跡と思われる敷地に、墓石は古いものから新しいものまで、立派な坊主墓のほかに、ずらりと所狭しと並んでいるが、寺院建造物は無い。
さらに珍しいことには、したがって、盆で華と線香を手に持った参拝の人々を多勢見かけたが、坊サンは見かけない。管理する=供養する専門職の坊さん=は居ないということである。
付近に坊主は?といえば、日本一の生臭坊主=幻黄 龍源 だけ (笑) と いう有様であった。
古くからの檀家?が語り合って管理費(蛇口が2つほどあって、水道代として)を納めているという。鹿児島では、このようなケースがきっと多いと思われるがどうだろうか?
幽霊?故人はきちんと成仏出来ているかどうだか知らないが(笑)生き残りの家族親類にとっての出費(寺や坊さんへのお布施)は不要な訳で、ラッキーなのかもしれない。
しかし、家庭内にはたいていご存知、仏壇というものがあって、そこに坊さんを呼んでお経をあげてもらっての、礼金?お布施?の出費があれば。。。一緒か(大笑)

まだまだこの件では、語りつくせないほどの悲喜こもごも様々な話題があり、けっこうえぐい話となるので、
宗教が絡んだ話は、学術的・民俗学的以外の書き込み・批判を控えたいと思っています。=宗教嫌いの?=坊主?
ぶつぶつ。。。。ぶつぶつ。。。言うな!!!ってか?

薩摩川内市あたりで大粒の「さつま雨」に追っかけられつつ、やっと暗くなる前に無事に帰り着きました。
。。。疲れました。。。ネ・ム・タ・イ


 

麗しい姿=熟年カップル  イベント 祭 出来事


散歩の途中でいつも出会う  熟年カップルです。
まっこと、麗しい姿ですね。あやかりたい。。。
。。。蚊帳吊りたい。。。
クリックすると元のサイズで表示します


 

老いの絆=手と手=  イベント 祭 出来事


♪ お〜手ェ手え〜つ〜ないで〜 ♪

クリックすると元のサイズで表示します


 

郷土芸能=「太鼓踊り」 @  イベント 祭 出来事


 カンカンカン  ドンドンドン! 今日は「加治木町」
鹿児島県では、年に一度の祭り"夏の風物詩”として定着
そちこちで「太鼓(本来は鉦)踊り」が繰り広げられます。
どこの市町村でも、力の入れようは大変なものです。

クリックすると元のサイズで表示します

 「太鼓踊り」=本町通りを往く photo.by dohsen Kit.


 

「「太鼓踊り」 B  イベント 祭 出来事

長老が ジッと見守るな中で最後の奉納演技が行われます。
木田の「春日神社」から始まって諏訪町の「菅原神社」?で
一日の行事が終了します。演技者は、大変な体力消耗と
いうことになりますねえ。。。そう、観客も「撮影者」も?!

夕立・カミナリもあったりで。。。たいへんでした!!!
またまた偶然(必然?!)出合った「karankoron」さんは
テコオドイ=太鼓踊り撮影のあと急遽。。。忙しいひとだね。。。
 「隼人の花火」へ直行とか?。。。降られませんでしたか?心配で眠れなかったですよ!(ウソ)?(携帯0:00までは活かしておいたけど・)

クリックすると元のサイズで表示します
photo.by dohsen Kit. 独り締め?!の世界 =神の権化よ!

 

祭りの後の・・・二人の姿が  イベント 祭 出来事


。。。祭りが終えて家路に向かう二人。。。
疲れ果てた友人を いたわる子の姿が。。。

クリックすると元のサイズで表示します
 photo.by dohsen Kit.

 

「霧島太鼓祭り」  イベント 祭 出来事


「霧島太鼓祭り」
午後1時から始まった特設ステージの様子です。
すでに演奏たけなわなのですが。。。

クリックすると元のサイズで表示します
午後2時頃 撮影  photo.by dohsen Kit.

 

続 「霧島太鼓祭り」  イベント 祭 出来事


 実は。。。日陰で。。。

クリックすると元のサイズで表示します

一歩前に出れば。。。かくのとおり。。。
木陰でお日様を避けて観賞していたのでした。

演奏者は。。。かくのとおり。。。おつかれさま!

 

BIGな!「霧島太鼓」  イベント 祭 出来事


おおきな おおきな 和太鼓が「本殿前ステージ」に持ち込まれ

クリックすると元のサイズで表示します

 

おおきなおおきな和太鼓が!  イベント 祭 出来事


大太鼓が、力ずよく。。。たたかれました。。。
 身に、心に、ズン!ズン!と浸みました!

クリックすると元のサイズで表示します
 photo.by dohsen Kit.  第一回「霧島太鼓祭り」本殿前

 

 

ふえにもシビレタ  イベント 祭 出来事

横笛もとっても良かったです。
音が聞いていただけないのが。。。残念です!

クリックすると元のサイズで表示します
  photo.by dohsen Kit.  第一回「霧島太鼓祭り」本殿前



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ