●詠み:【冬扇】 椙杜親水   ●撮り:【堂仙 Kit.】 ●奏で:古典尺八:【虚堂】古代ぶえ「天吹」:【竹酔庵 龍孫】

 

淡水魚調査  日常記録[写真]

淡水魚調査をしましたが・・
誰にも共通の関心事
=生活圏・環境問題=

クリックすると元のサイズで表示します
珍しい発見もありましたので・・ 追ってご報告します。
既にここには棲息しないといわれるものもいたりして・・
絶滅種?!まてよ・・公表したら・・研究者の数だけ採取され、本当に絶滅しちゃいそう。
(公表しないほうがいいものも?あろうかと!・・) 
と、言いつつ捕って・撮って・食べちゃって・マジ?!

クリックすると元のサイズで表示します


「ギギ」
水がきれいで、自然が残っている川に棲息。水質悪化や河川改修などによる環境変化にめっぽう弱く、それで、“環境指標種”で注目されるナマズ目 ギギ科の淡水魚。
環境庁レッドリストでは絶滅危惧U類とされています。
全体に暗褐色で、不規則な斑紋があり、ナマズのように口ひげが8本もあります。背鰭に1本、胸鰭に1本ずつ、計3本の大きなトゲのようなものがあり、タンパク毒があるのです。気を付けているので、未だ刺されたことはありませんが、刺されると激しい痛みを感じて傷口は腫れ上がるそうです。
背びれのトゲと付け根の骨とをすりあわせ、ギ−ギ−という音を出します。『ギーギーと鳴く”蜂”』(トゲに刺されると蜂に刺されたように痛い)から”ギバチ”と言う名が付いたのかもしれませんね。


 「ドンコ」 
ドンコ属 ・ドンコ科ですが、日本にはドンコとイシドンコの2種ですが、ドンコは地域によってかなり遺伝的な相違があるということです。
大きくは「山陰・琵琶・伊勢」「東瀬戸」「西瀬戸」「西九州」「匹見」の5グループに分けているようですが・・「南九州」をいれたら6グループとなりますね。
「南九州」=鹿児島県産のなかにも異種がありそう?・・素人の見解ですので悪しからず・・。
このほか、中国にカラドンコ、韓国には別にコウライドンコ、セマダラドンコ、がいるということです。


ドンコつかまえ・・”ド コの産”だろ?・・とか面白い?

ここらから上流域がフィールドです。
クリックすると元のサイズで表示します

海栗(ウニ)が?・・
クリックすると元のサイズで表示します
川栗?でした!・・。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ