2015/5/28

恐るべし五嶋龍!  Ryu

5/26,27と龍ちゃんのリサイタルに行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

今日は5/26火曜日の様子について書きます!

この日我ら"変態オバサントリオ"が集結しました。
コンサートは川崎のミューザ川崎。
19時開演です。

お昼に待ち合わせてJR蒲田の梅の花に行きました・・・個室(当然!)
"変態オバサントリオ"の会話は誰にも聞かせられないのですΨ( ̄∇ ̄)Ψ

美味しいお食事を頂きながらの、多岐にわたるお・は・な・し
龍ちゃんのこと、家庭の事、身体の事。。女三人集まればかしましい〜(笑)

≪梅の花≫
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

豆乳湯豆腐(温泉を使っているんだって)
クリックすると元のサイズで表示します

右の茶色いのは醤油の泡
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ヨモギのわらびもち・・私はよもぎがキライということを確信した。
クリックすると元のサイズで表示します

3時間近くここで過ごし、次はラゾーナ川崎へ移動
トリオはだんだん龍ちゃんに近づいていきます

ラゾーナをブラブラウインドウショッピング〜
で、アタクシは衝動買い!

クロックス
クリックすると元のサイズで表示します
これってショッキングピンクなんです。
一目ぼれ〜可愛い!
アタクシの太っとい足にぴったりだわ〜キック!! ヽ( ・∀・)ノ┌┛Σ(ノ `Д´)

梅の花から2時間後我々トリオはここにいました。
j.s. pancake cafe
http://pancake.journal-standard.jp/#/

レモンとはちみつ
クリックすると元のサイズで表示します

フレッシュいちご
クリックすると元のサイズで表示します

パンケーキがフレンチトーストになってる
クリックすると元のサイズで表示します

これはこの日の夕食です!
これ以降、一切何も食べていません(*`д´)b

キャー!いよいよ開場の時間になった。

今回のプログラムは古典から現代までですが、大好きな曲が3曲も入ってる。

ベートーヴェン:クロイツェルソナタ
サーリア:トカール
フランク:ヴァイオリンソナタ
ヴィエニャフスキ:創作主題による華麗なる変奏曲


アンコール
・グルック :「精霊の踊り」
・ハチャトリアン:剣の舞
・クライスラー:美しきロスマリン


あのですね〜言葉がありません。
今まで本当に多くのヴァイオリンを聴いてきました。
龍ちゃんのヴァイオリンも数えきれないくらい。
でも今回は最高に素晴らしかった!
末恐ろしい〜どこまで行くのか・・・
ヴィエニャフスキなんかもはや人間業じゃない。
技巧だけじゃない。音楽の持ち味を十分に歌いきってる。
あまりの美しさに涙出る・・・

音色の豊富なこと〜柔らかい、切ない、唸るような太い、細い絹糸のような繊細な、張りのある明るい・・・
それはそれは見事です。
内容も充実感で溢れ、こちらの心臓を鷲掴み!

そしてあの目にも留らぬ超絶技巧をにこにこノリノリで本当に楽しそうに弾いてる龍ちゃん・・
恐るべし五嶋龍

はっきり言って別もん別格超越(゚ρ゚*) ボー

もともとファンの我々トリオが"やられる"のは当然ですが、1曲目からブラボーの大歓声を聴くと納得です。
昨日のサントリーではステンディングオーベーションで外国みたいでした。

はあ〜
龍ちゃんカッチョイイ〜
クリックすると元のサイズで表示します


11月には待ってました!チャイコン!(チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲)でフランクフルト響とやってくる。
待ちきれない〜
1

2014/7/18

仲間とのRyuちゃんコンサートは最高!  Ryu

レナード・スラットキン&五嶋龍
フランス国立リヨン管弦楽団

クリックすると元のサイズで表示します


のコンサートに、10日川口リリに続き16日(みなとみらいホール)、17日(サントリーホール)と行ってきました。

そしてなんといっても、16日みなとみらいは我らが仲間・・myuさん、Naoさん、そしてかぶさんが集結し、本当に本当に楽しい時間を過ごしたのです。


みなとみらいホールはみなとみらい駅から上がってきて左。

上げってきて右に行くとランドマークと横浜ロイヤルパークホテルがあります。

今回のランチはホテルの70F良い眺めの中、マニアックな話に花を咲かせ、あっという間に時間だけが過ぎて行きます。

クリックすると元のサイズで表示します

お料理もデザートも美味しい〜(*゚▽゚*)

ここはお気に入りのところだった事と、ホールと近いということから決めましたが大正解!

Ryuちゃんのコンサートというだけで楽しいですが、やはり気の合う仲間と会ってお喋りしてワイワイが1番の楽しみです。

さて、Ryuちゃんの演奏ですが、もちろん言うまでもなく素晴らしいのですが、大人の色気が備わり、音色も更に豊かになり聴き応えのある演奏に大満足でした。

ただ、ちょっと体調が悪かったのかなあ〜
顔色が悪かったのと、川口ではアンコールを弾いてくれましたが(ヴィエニャフスキ/創作主題による華麗なる変奏曲)今回も、昨日のサントリーもアンコールはありませんでした。

このハードスケジュールですもの

【埼玉公演】
2014年 7月10日(木) 19:00開演
会場:川口総合文化センター・リリア メインホール

【名古屋公演】
2014年 7月11日(金) 18:45開演
会場:愛知県芸術劇場コンサートホール

【大阪公演】
2014年 7月12日(土) 15:00開演
会場:ザ・シンフォニーホール

【山口公演】
2014年 7月13日(日) 15:00開演
会場:シンフォニア岩国

【福岡公演】
2014年 7月15日(火) 19:00開演
会場:福岡シンフォニーホール

【横浜公演】
2014年 7月16日(水) 19:00開演
会場:横浜みなとみらいホール

【東京公演】
2014年 7月17日(木) 19:00開演
会場:サントリーホール



オケのリヨン管も深みのある音と、軽やかな音楽の運びが素敵!
指揮者のレナード・スラットキンも茶目っ気たっぷりの愉快なおじいちゃんでした。


そしてだ!

席は1列目ど真ん中(T┰T )
我ら4人は失神寸前・・ゞ(_△_ )ゞ ヒクッヒクッ


Ryuちゃん演奏曲のラロ/スペイン交響曲 Op.21は、「Ryuちゃん演奏聴きたいベスト5に入っている曲」の1曲だったので楽しみで仕方がなかったのです。
期待通りのロマンチックで迫力があってしっとりと歌いこむ素晴らしい演奏にため息〜。

やっぱいいなあ〜Ryuちゃん(≧∇≦)キャー♪

ムキムキマッチョだけどかっちょいい(≧∇≦)キャー♪

本当に楽しい楽しい1日でした!

かぶさん、Naoさん、myuさん有難うございました。

また直ぐお会いしたいです!

クリックすると元のサイズで表示します

2

2014/7/11

Ryuちゃんはやっぱり最高(*゚▽゚*)  Ryu

台風上陸と心配されていた昨夜、

レナード・スラットキン (指揮)
フランス国立リヨン管弦楽団
ヴァイオリン:五嶋 龍


クリックすると元のサイズで表示します

に行ってまいりました。
会場は川口リリアホール
http://www.lilia.or.jp/index.html

京浜東北線 川口駅前です。
このホール、いつもなんですけど、オケとか大きなコンサートの場合、前列が削られる。

で、昨日も案の定、16列目だったアタクシの席は6列目ほぼ中央!
Ryuちゃんばっちり拝めます席。

昨夜のプログラムのラロ:スペイン交響曲 op.21は待ち望んでいた曲の1つだっただけに期待度も半端なかったです。

そしてその期待以上の情感溢れる演奏に引き込まれ酔いました。

聴かせる演奏って、ああいうことを言うんだと改めて思いながら、その計り知れない才能にただただ驚くばかりでございました。

今や格闘家と見まごうRyuちゃんが生み出す、艶っぽくてダイナミックな旋律は夢心地でした。

ああ〜これがあと2回も聴けるのね〜

そうそうRyuちゃんの仕草は100%外人。外人そのもの。

アンコールの「ヴィエニャフスキ/創作主題による華麗なる変奏曲」
なんですか!あの恐ろしく難しそうな曲は!!
無伴奏で弾きまくるとっても素敵な曲。
優しい旋律、激しい旋律、超速い旋律・・
かあ〜かっちょいい!

これがあるから頑張れる!

今日もDuoの練習に銀座松尾楽器に行きます。

頑張ろうっとヽ(´▽`)/

3

2014/1/20

我ら熟女執念とファジル・サイ(Fazil Say)  Ryu

土曜日に挑んだRyuちゃん7/16の横浜みなとみらいホールでのチケット。
この日は、大阪からNaoさん、群馬からmyuさん、かぶさんと我ら熟女軍団(笑)が集結するコンサートなんです!

なんとしてもGETしたい!

そこで最初に先行発売する「みなとみらい会員」になりました。

いつもように10時同時に電話&インターネット。

繋がらない繋がらない・・・30分・・ネット繋がった。


4枚GET!
しかーも1列目2列目のど真ん中
鼻血席ヽ(*´∀`)ノ


熟女執念の賜物ですd(-_☆)

楽しみで仕方がありません



さて、色々悩んでいた今年練習する曲ですが、先ずは5月にある大森音楽教室の発表会用。

3人の先生がいらっしゃるのですが、ちょっと冒険で変わったものを弾こうかと。

と、ショパン:ノクターンとFazil Say:Alla Turca Jazz(モーツァルト:トルコマーチのJazz)



Fazil Say
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%B8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%82%A4

にしようと思い浅野先生に相談しました。

先生からは、シューマンのソナタはもう十分だと思うので一区切りにして良いと思うこと。
そしてFazil Sayさんとは会って話もしたことがあるというお話にビックリでした。

浅野先生も、お客様も楽しいし喜んでくださると思う。ということで決めました。

5月までに日数もないし、そのほかに6曲ほど練習しなければならないので5月はこの2曲にします。

練習するのも楽しいです
3

2013/10/5

Ryuちゃんのバイオリン・・私には一大事。  Ryu

今朝の寒さで私は当たり前のことにちょっと感動しました。

あんなに暑かったのに・・
着実に季節は巡ってきます。
こんな当たり前のことなのに、「なんできちんと巡ってくるの?本当に当たり前のこと?すごいなあ〜」と思わずにいられません。

神様=自然=宇宙  偉大なりです。

最近眠れないことが増えてきました。
現在睡眠薬2種類飲んでいますけど、翌日仕事の時はなるべく1種類にするようにしています。
そうするとなかなか寝付けません。
昨日なんか、送られてきた「ロスジェネの逆襲」(半沢直樹の続編)なんか読み始めちゃったから尚更(笑)
まあ、そんなことはどおってことないのです。

それよりも、Ryuちゃんのヴァイオリンが変わったのです。
16歳より伝説の名器と呼ばれている「ストラディヴァリウス/エクス・ピエール・ローデ」をCoco壱番館創業者の宗次氏から永久貸与されていました。
値段は○億円〜○十億円と言われています。

永久貸与だったはず・・・
Ryuちゃんも『この楽器じゃなければこの音は出せない!』とまで言っていたのに。
いったい何があったのでしょう。

私達には「貸与期間終了のため」としか報告がありません。
でも永久貸与だったはず・・・

それに伴い、年末の名古屋コンサートも無くなったのです_| ̄|○

気になっていたことがあります。
昨年あたりから、Ryuちゃんは「ストラディヴァリウス/ジュピター(日本音楽財団所有)」をしばしば使用しているのです。
その頃ローデを長期調整に出していたのでそのためと思っていました。
実際、ローデを再び演奏するRyuちゃんもみました。
でもこの9月の大阪公演ではジュピターを使用していたのです。
「あれっ?」っと思いました。
なんとなく嫌な予感があったのです。
で、今回の発表。

もちろんジュピターだってものすごい楽器です。


ストラディヴァリウス 1722年製ヴァイオリン「ジュピター」

Stradivarius 1722 ViolinJupiter

このヴァイオリンは、1800年頃にイギリスの偉大なコレクター、ジェームス・ゴディングによって「ジュピター」と名付けられたといわれている。
この楽器は大切に使用されてきたため保存状態が素晴らしく、オリジナル・ニスも全体に十分残っている。


何年か前に姉のみどりさんが使用していた楽器は、社団法人林原共済会より終身貸与されていた、1734年製グァルネリ・デル・ジェス “エクス・フーベルマン”
しかし、社団法人林原共済会は破綻し、この時にこの楽器もみどりさんの手元から離れました。
そのことが頭をよぎりました。

分かりません。
単にRyuちゃんがジュピターを選んだのか、宗次氏の気が変わり他の人を選んだのか、宗次氏のNPO法人イエローエンジェルに何かあったのか・・

普通には気にもならないことだと思いますが、私にとっては一大事なのです。
ピアノの世界にはこのような"貸与"はまずないのですが、ヴァイオリンの場合はあまりの高額のため自己所有は難しいのです。
貸与期間終了した後の事とか、私が心配しても仕方がないのですが(笑)考えたりします。
それよりも宗次氏のお人柄を知っているだけに、Ryuちゃんとの間に何もなければいいんだけど。。と余計な勘ぐりまでしてしまいます。

とにかく真相は分かりませんが、今年の名古屋行きは無くなりました。
引越しの片付けをしろ!ということです。

ε=(・д・`*)ハァ…

クリックすると元のサイズで表示します
エクス・ピエール・ローデ 1715

クリックすると元のサイズで表示します
ジュピター 1722
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ