2016/4/7

下肢静脈瘤を治療する。  健康

かれこれ15年以上前になるでしょうか。
左足に下肢静脈瘤と思われる症状が出てきたのは。

当初、近くの病院で診ていただいた時には「初期なので治療や手術の必要は無い」ということでした。

年月が経ち、ここ2、3年で悪化したようです。
じっとしていられないだるさ。
血が出るまで掻きむしる程の痒み。
頻繁に起こる腓返り。←痛くて泣く


左ふくらはぎは傷だらけで、皮膚の色も変わってきた気がしました。

そこで先日、労災病院の血管外科で検査診察して頂き、手術した方が良い。ということになりました。
右足にも下肢静脈瘤が認められるけど、手術は左足だけ。
先生からは「最新のレーザー手術を勧めます、ただしこの病院ではまだレーザー手術をしていないので専門病院を紹介します。」
と言われ、すぐに紹介状をくださいました。

ピアノ教室から歩いて3分の病院(笑)

昨日行ってきました。
やはり、右足もいずれ手術することになるけど今回は左足。

今までの通常の手術はストリッピング手術と言い、
静脈瘤の原因となる血管を皮膚の下から抜去する方法でした。2、3日の入院が必要です。

最新のレーザー手術は、
H23から保険適用になり、逆流している血管に細いレーザーカテーテルを挿入し、レーザーの熱で血管の内側を焼いて血流を無くす方法です。
その日のうちに歩いて帰れます。


入院して上げ膳据え膳もいいけど(笑)痛くなく、傷も殆ど残らず、費用も大してかからず…今の医学はすごいです!

6月1日に手術します。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
1

2016/4/5

老眼で苦労する!  

40代後半からやって来た老眼。
手元や本が見えづらい…ふと、遠くを見ると見えるではないかΣ( ̄ロ ̄lll)

それからはや5、6年が過ぎた今、非常に困っています。
私は寝る前以外は殆どコンタクトレンズです。
今までは、普通の近眼用コンタクトでも本は読みづらいけど楽譜を見るには問題ありませんでした。
が、ここ最近は1番大事な楽譜が見えづらい(泣)

普通に何の支障なく生活出来るパワー(度数)だと楽譜が見えづらい。
楽譜がスッキリ見えるパワーだと日常生活がちょっと不便。

眼鏡も同じ。
度が強いので楽譜は見えづらい。
眼鏡外すと0.01の世界_| ̄|○

老眼鏡をかけると楽譜は見えるけど鍵盤がグイ〜ンと曲がって見えて問題外。

長年使用しているジョンソン・エンド・ジョンソンの2weekアキビューは遠近両用が無いので、少しパワーを落として試してみました。

※近眼の人は老眼になるとどっちも良く見える!は真っ赤なウソ。
遠くも近くも見えないのです。


少し落とす程度ではまだ楽譜はスッキリ見えない。
そこでエアーオプティクスというメーカーの遠近両用を試してみました。
これだとまあまあ良いのですが、私のド近眼の視力に合うパワーが無い_| ̄|○

それでも1番近いもので試してみました。
うーん、いいかもだけど付け心地が良くない。
手元はアキビューより見易いけど、楽譜となるとスッキリいかない。

今まだ試行錯誤してます。
毎日日替わりで使用して様子を見てからどちらかに決めようと思いますが、私にとって最も大事な楽譜が見えづらいのは本当に辛いし練習に差し支えます(泣)
なんとかならないかな〜(-_-;)
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ