2014/9/27

更新しなくてすみません  

あれからコンサートに行ったり、けっこう色々と忙しく楽しく過ごしていますが、ブログ更新にまで行かず、申し訳ありません。

昨日はいよいよ近づいてきた10/5のコンサートのリハーサルでした。
大変小さなサロンですが、ベヒシュタインは素晴らしく良いピアノで、またサロンの響きも素晴らしく、楽しいコンサートになると思います。

あとは、皆さんが喜んでいただける様に、私のできる限りの努力を持って演奏します。

皆様、どうぞ宜しくお願いいたします。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/9/17

石田組  音楽

9/13(土)石田組のコンサート行ってきました。

前半は石田泰尚氏のソロ♪
バッハ:バイオリンとチェンバロのためのソナタ

バッハ:無伴奏パルティータ第2番 シャコンヌが入ってるやつ。

この超キツい曲を弾いた石田さんは超カッチョいい!!
特にシャコンヌは凄かった…迫力ある力強い音とバッハの匂いのする永遠のような音が次々と現れて、昔宗次で聴いたRyuちゃんより力強いシャコンヌでした♪

私はこの難しさ知ってるので、自分のことのようにドキドキしちゃった(笑)


そして後半のヴィヴァルディの四季

黒スーツに黒シャツ姿の組員(メンバー)が出てくると、思った以上に迫力があり、まさにヤバゲ(笑)
なかなかのイケメンもいる。
実は1stヴァイオリンのリーダーの執行恒宏も結構好き!!

チューニングの後に組長(石田さん)登場!!
ネクタイとポケットチーフがパープルに変わってる(前半は白黒)
やっぱ存在感違うわ!!

そしてこの四季、最高に楽しい♪
なんと、全員が(チェロ以外)立ったままの演奏〜迫力満点。

やんちゃ坊主が自由に楽しくって仕方がない〜って演奏。
みんなにこにこでノリノリ(*^.^*)
聴いてるこっちも笑顔になる。
こんな楽しくて自由な四季は初めてでした♪
最高ですよ!!

スタンディングオーベーション!!
そしてメンバーも組長に拍手しながら「すごいな〜」と口が動いてるのが分かりました。

珍しく組長最後にマイクで挨拶。
嬉しそうでした(*^.^*)

追っかけおばさま達の大騒ぎが邪魔だったけど…。

来月の、みなとみらいでは、更にメンバーが増えての石田組。
本当に期待で楽しみで待ちきれません\(^_^)(^_^)/

16日はみなとみらいに、12:10からと、14:30からの別プログラム石田さん2回公演(1回が50分かな)行ってきます。
どうやってこれだけの曲を練習してるんだろう〜(謎)

0

2014/9/12

TRIO LIBERTAD in Opera City Hall  音楽

9/6東京オペラシティーにAnneさんとトリオ・リベルタのコンサートに行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

プログラムはピアソラとミッシェル・ルグラン

アディオス・ノニーノ[ピアソラ]
リベルタンゴ[ピアソラ]
わが死へのバラード[ピアソラ]
タンガータ[ピアソラ]
映画「ロシェフォールの恋人たち」より[ルグラン]
映画「愛のイエントル」より[ルグラン]
映画「シェルブールの雨傘」より[ルグラン]
映画「おもいでの夏」より[ルグラン]

この他にもリベルタンゴや天使の復活、ミロンガ・ピスレスク・・
私の大好きな曲がいっぱい。

今回Anneさんとご一緒できたことが尚更楽しかったです。

開場の1時間前に待ち合わせして、先ずはお茶を飲みながらお喋り。
あっという間に時間になりホールへ。
ガラガラかな〜と思っていたら、びっくりの満席。
いらっしゃるのよね〜熱狂的な信者が。

お上品な奥様のAnneさんとガラの悪い私という一見、「なに?」と思うような私達はとても気が合いますし、お話も合うのです。
だからAnneさんもリベルタを気に入って頂けると確信していました。
そして気に入ってもらいました。

ラフなスタイルで出てきたリベルタ。
オペラシティーということもあり、いつもの軽妙なおしゃべりは無く、たくさんの曲を演奏してくれました。

ああ〜やはりヴァイオリンとサックスは素敵だわ〜
ピアニストはアレンジもやっているので許すことにします。

後半のピアソラでは3人ともスカッとした黒のスーツに着替え迫力のあるピアソラを演奏してくれました。
私的には、もう少しヴァイオリンのド派手な演奏を聴きたかったのですが、とにかくこのリベルタは同じプログラムはやらない。
やってもアレンジを変える。

でもどうやったら、ヴァイオリンあんなに細い美しい超高音を長く弾き続けることができるのか・・。
ホント、泣けるほど素晴らしいです!

クラシック漬けの私には彼らの演奏は血が燃えます!!!
Anneさんもまた行きたいとおっしゃってくださったので嬉しいです。

コンサート後、53階に上がって北海道料理を食べてあっという間に2時間(笑)
なごりはつきませんでしたが帰宅・・・・・・・

山手線が遅れてる・・うう〜
やっと品川・・京急止まってる・・うう〜
仕方なく大森へ・・京浜東北線がなかなか来ない・・うう〜
やっと大森へ・・土砂降り〜タクシー長蛇の列・・うう〜

新宿から1時間半かかっちゃったもんね〜。
覚えていますか?豪雨と雷(我々は知らなかった)

でもいいんです!
だってとっても楽しかったのですもの!

エネルギーももらいましたヽ(*´∀`)ノ
Anneさん有難うです(*゚▽゚*)

クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/9/9

YAMATO STRINGS QUARTET  音楽

9/2,みなとみらいホールにYAMATO STRINGS QUARTETのコンサートに行ってきました。
http://yamato4.jp/
写真にカーソルをあてると笑う!

コンサートが立て続け(笑)

YAMATO Strings Quartetは初めてでしたが、学生時代から20年続いてるだけあって、本当に同級生のような兄弟のように素敵な仲間でした。

曲は前半は
・ハイドン:弦楽四重奏曲op.74-3 g-moll 「騎士」
・ドビュッシー:弦楽四重奏曲op.10 g-moll

後半は
・ピアソラ:天使のイントロシオン
・ジミ・ヘンドリクス:リトル・ウィング
・クイーン:ボヘミアン・ラプソディ
・伊福部昭〈生誕100年〉:ゴジラ etc.

ピアソラやクィーンとか、そしてゴジラが超凄い!! \(^_^)(^_^)/

カルテットなので、舞台向かって左から、
1stヴァイオリン:石田泰尚
2ndヴァイオリン:執行恒宏
チェロ:阪田宏彰
ヴィオラ:榎戸崇浩

全員腕には定評のあるメンバーです。
特に1stと2ndヴァイオリンは相当息が合っている様子。

あのいつもクールで隙のない石田さんの行動が・・

後半・・チューニングの度に毎回左隣りの第2執行さんの方に身体を向けて顔をじっと見ながら音出す。
客席には背中が向くので、様子は分からないけど何かやってるっぽい。

執行さんは石田さんの顔見て吹き出す…笑い止まらないの。

何事もない平然とした顔で石田さんは姿勢を元に戻す。で、演奏。

次の曲に移る前に、石田さんは執行さんの方に身体を向けて顔をじっと見ながら音出すの。

執行さんは石田さんの顔見てまた大笑い…石田さんは何事もなかったように元に戻る!!

これか!!と思った。
どうやら恒例化している、「1st、2ndに仕込み入れる」

チラッと見えたときはクールな石田さんも笑ってた様子から、チューニングの音出しながら、石田さんは執行さんに変顔してるっぽいのです。

前半のクラシックから離れたとたん、この行動を毎曲前にやってました!!
メンバーも和み楽しい雰囲気で思いっきり弾けた演奏で、会場も大盛り上がり!
意外な石田さんの一面です。

ところで石田さんのヴァイオリンは1690年製Tononiで、弓と合わせると億という話です。
しかも自前持ち。

言うことを聞かすのが難しそうな感じですけど、石田さんとは良いコンビです!!
高音の美しいことといったら言葉にできません。

クラシック、ロック、タンゴ・・・
楽しいコンサートでした。

クリックすると元のサイズで表示します

Adiós Nonino : A.Piazzolla
https://www.youtube.com/watch?v=rlpEWBPF2eU

GODZILLA : 伊福部昭
https://www.youtube.com/watch?v=pn5nmET_9E4&feature=youtu.be

Kashmir : Led Zeppelin
https://www.youtube.com/watch?v=xriCZzyaC7Q

次回の日記はAnneさんと行ったTRIO LIBERTADです。
0

2014/9/5

タンゴバー「エルチョクロ」  音楽

8/30は池袋そばの雑司が谷ってところまでTrio Libertadのライブを聴きに行ってきました。

まず、副都心線・・なんだあれは〜渋谷から乗り換えれば直ぐだあ〜と思ったら、乗り換えるまでにどれだけ移動すればいいんだ状態。

お上りさんのように副都心線を目掛けてオタオタ歩きました。

雑司が谷からタンゴバー「エルチョクロ」までは3分ほど。
民家を改造した和風のバーです。
家主の趣味がここまで来た!という感じですね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

満席で40席・・・そう、目の前で聴けるのです。
しかも天井高くてよく響く。

芳醇な香りのラム酒のロックを2ハイ、ボンベイサファイヤのロックを1ハイ・・でやめときました。帰りが心配だったから(笑)

曲はアストロ・ピアソラとミシェル・ルグラン。
目の前でのヴァイオリンとサックス〜素敵でしたね〜
ピアニストは・・酔っ払ってた私としては途中で「代わってよ私に!」と思うところはありましたが(笑)。。すみません

私はひとりで行きましたが、相席の方たちがとても良い方ばかりで、私の飲んでるラム酒やジンをみて、
どんな味?美味しい?強そうね〜
はあ〜イイ香りだわ〜


とか和気あいあいでした。

お店の名前でもある"エルチョクロ:アンヘル・ビジョルド作曲"を演奏した時なんか倒れそうに素敵で言葉にならないです・・今だに。

思い出すだけでまだドキドキだわ〜

やみつきヽ(*´∀`)ノ


クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ